膀胱炎の原因は女性と男性共にストレス?冷え性の影響は?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 34 秒です。

多くの人が1度は膀胱炎になり、残尿感などの症状で辛い思いをしたことがあるかと思います。

その中でも尿道の短い女性は、細菌が侵入しやすく、男性よりも膀胱炎の発症率が高くなっています。

しかし、男性でも膀胱炎になる可能性はあり、膀胱炎になってしまう原因をご存知でしょうか?

そんな膀胱炎になる原因は、女性と男性共に日頃のストレスが大きく関係してきます。

また、女性の場合には冷え症で悩む人も多いため、膀胱炎の原因にストレス以外に冷え性は関係あるのか、徹底解説していきます。

【スポンサーリンク】

膀胱炎の原因は、女性と男性共にストレス!?

上記でも述べていますが、膀胱炎の発症率は圧倒的に女性の方が多いのですが、男性も膀胱炎になることもあります。

膀胱炎は、膀胱に細菌が入り込むことで起こり、細菌が繁殖していくと症状も悪化します。

そんな膀胱炎になる可能性に、女性と男性共に関係しているのがストレスになります。

膀胱炎の原因がストレスなのは何故?

日々のストレスが膀胱炎の原因になるの?と思うかもしれません。

女性と男性共にストレスを感じることは多く、ストレスが溜まることで免疫力が低下します。

このように免疫力が低下することによって、細菌を除去することができず、感染し、繁殖していきます。

そのため、膀胱炎の症状も進みやすくなる原因になるのです。

膀胱炎に女性がなりやすいのは何故?

女性は男性よりも膀胱炎になりやすいのですが、女性はストレスを感じやすく、さらに生理などによって膀胱炎の発症率が上がっているのです。

逆に男性の場合は、尿道が長いので細菌が侵入する前に、排尿によって細菌を排出することができます。

ですがストレスが原因で免疫力が弱まり、細菌に感染してしまうこともあります。

よって、日々のストレスを溜め込まないようにすることも、膀胱炎の予防に繋がります。

【スポンサーリンク】

冷え性も膀胱炎の原因になる?

膀胱炎の原因は、ストレスだけではなく冷え性も要因になると言われています。

冷え性の人は、体温が低いため、細胞の働きも弱くなりがちです。

そのため、女性に限らず、男性でも下半身が冷え性な人は、排尿に関係する肝臓の働きも低下します。

それから気付かないうちに排尿回数が減り、膀胱炎になってしまう原因になります。

また、細菌が膀胱に入り込み、体温が約32度以下になると、細菌が繁殖しやすくなるようです。

ですから女性と男性ともに下半身の冷え性には注意しておきましょう。

膀胱炎を治すためにはどうしたらいい?

膀胱炎を治すためには、体内に侵入した細菌を抑える必要があるため、基本薬で治療を行います。

膀胱炎は、症状が軽い状態であれば、自然治療で治ることもあります。

ですが細菌が繁殖すると症状が悪化しますので、症状が軽いうちに病院へ受診するのが最適です。

また、膀胱炎を発症した人の中には、繰り返し膀胱炎になることもあるため、自然治療はおすすめしません。

病院で膀胱炎の薬をもらうことで、約3~7日程度で治すことができます。

そのため、膀胱炎の辛い残尿感や頻尿を改善するためには、病院で適切な治療を行う必要があります。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *