食後に吐き気・胃痛・腹痛!その原因をご紹介


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 38 秒です。

皆さんの中にも食後吐き気と胃痛や腹痛が同時に発生して辛い思いをしている人もいらっしゃるかと思います。

食後に吐き気と胃痛や腹痛が同時に起こるのは、病気の可能性も高いため、注意が必要です。

このような吐き気と胃痛や腹痛が起こる原因を把握して、生活習慣から見直していくことが改善に繋がります。

また、病気が原因となっている場合は、早めに医師に相談して適切な治療を行うことが最適です。

そこで今回は、食後に吐き気を伴う胃痛が起こる原因について詳しく説明します。

【スポンサーリンク】

食後の吐き気と胃痛や腹痛が辛い!

食事をすると、食べ物が食道を通って胃に入ります。

そして、十二指腸へと流れてきますが、この流れは蠕動という筋肉の働きによって起こります。

しかし、この流れが逆に働くと食後に胃酸が一緒に逆流して食後に吐き気が起こるのが特徴です。

食後の吐き気と胃痛や腹痛が起こるのは、食べ過ぎや飲み過ぎてしまった際にも感じることが多くなります。

食べ過ぎや飲み過ぎは、どうしても胃に負担をかけてしまうので、胃粘膜が炎症を起こし、食後に吐き気と胃痛や腹痛が同時に発生してしまいます。

さらに、普段のストレスによって自律神経が乱れることが原因で、波胃腸の働きが悪くなり、食後に吐き気や胃痛を引き起こすこともあります。

【スポンサーリンク】

食後の吐き気と胃痛や腹痛の原因とは?

上記の通り、ストレスや食べ過ぎが原因よって、食後に吐き気と胃痛や腹痛が起こることもあります。

しかし、食後に吐き気と胃痛や腹痛が同時に起こるのは、重大な病気が発生している可能性もありますので注意しておきましょう。

病気が原因の場合は、そのまま放置していると食後の吐き気などの症状が悪化してしまいます。

・逆流性食道炎

逆流性食道炎は、食べ過ぎや胃酸の過剰分泌により蠕動が逆に動いてしまい、胃酸が上がってきて食後に吐き気や胃痛が起こります。

咳が続くこともあり、食道粘膜に炎症が起こるのが特徴です。

・急性胃腸炎

急性胃腸炎は、胃の粘膜がただれ、食後に腹痛と吐き気が起こり、下痢などの症状も伴うこともあります。

ストレスやアルコールなどが原因となり、急性胃腸炎を引き起こすので注意が必要です。

・十二指潰瘍、胃潰瘍

十二指腸や胃に炎症が起こって、粘膜がえぐられたような潰瘍ができた状態になります。

胃潰瘍になると、食事中や食後に胃痛や腹痛を感じるようになります。

逆に十二指潰瘍の場合は、空腹時の胃酸によって胃痛や腹痛が起こり、食事をすることで症状が落ち着きます。

食後の吐き気と胃痛や腹痛の対処法

上記で説明してきたように、食後に起こる吐き気と胃痛や腹痛の原因は日頃のストレスや暴飲暴食も関係しています。

食後の吐き気を感じて気分が悪くなった際は、無理をせず安静にすることが大切です。

お腹を締めつける衣類は、吐き気が強くなることもあるので食後は衣類をゆるめて横になりましょう。

また、軽い吐き気と胃痛や腹痛のときは、胃に負担をかけないように刺激の少ない食事を行うのが最適です。

アルコールや辛い刺激のある食事は、胃に大きな負担をかける原因となるのでおすすめできません。
【スポンサーリンク】

さらに、副交感神経の働きを向上させるために適度な運動を行い、身体を温めることもおすすめです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *