歯垢の取り方は?自分で行う方法と臭いやその原因まで紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 49 秒です。

歯垢

口が臭い原因は、歯に溜まった歯垢が原因の可能性があります。

このような口の臭いは、ほとんど自覚症状が無いため、知らない間に周りの人に不快な思いをさせていることもあります。

歯垢は、歯石が蓄積することで細菌の塊の歯垢ができ、口内で発酵して嫌な口の臭いを起こし原因になります。

口の臭いにも繋がる歯垢の取り方は、自分で行うことができ、毎日のケアで歯垢の予防・改善をすることができます。

そんな歯垢の取り方や原因を詳しく徹底解説します。

【スポンサーリンク】

頑固な歯垢の取り方とは?

放置していると口の臭いの原因となる歯垢は、早めに除去することが最適です。

歯垢は、歯医者での治療しかないと思っている人もいますが、自分で行う歯垢の取り方もあります。

そんな歯垢の取り方は、毎日の歯磨きでのケアが重要なポイントになり、

歯ブラシは、月に1回交換することで歯垢を取り除きやすくなります。

同じ歯ブラシをずっと使用していると、歯ブラシにコシが無くなるので歯垢を除去しにくくなるので注意しておきましょう。

また、自分での歯垢の取り方で、デンタルフロスを使用することで歯の間に蓄積された歯垢を除去することができます。

歯ブラシでは、除去しにくい歯と歯の間の歯垢は、そのままにしておくと歯周病や虫歯の原因になります。

【スポンサーリンク】

そのため、デンタルフロスを使用して歯の隙間の歯垢を除去することが自宅での歯垢の取り方では大切です。

歯垢によって口の臭いがひどくなる理由!

上記でも説明していますが、歯垢をそのまま放置していると口内で発酵して嫌な臭いを発生させる原因になります。

そのため、歯垢によって嫌な臭いを発生させないためにも上記の取り方で歯垢を除去していきましょう。

歯垢の発酵を防ぎ、早く臭いの原因を除去するためには、歯医者に行くことがおすすめです。

歯医者での取り方は、歯垢や歯石を除去した後に歯のクリーニングをしてくれるので、

繰り返し歯石が付着するのを予防することができます。

よって、自宅で歯垢の取り方を試したけど不安という人は、

適切な治療を受けることのできる歯医者に受診することが最適です。

歯垢以外にも、口の臭いの原因となるのは口内環境の悪化や体調不良も大きく関係しており、誰でも発生するので注意が必要です。

【スポンサーリンク】

歯垢は細菌の塊だった!?

歯に蓄積される歯垢は、黄白色をしたねばねばしたものですが、歯垢は75%が細菌と言われています。

口の臭いの原因になる歯垢ですが、細菌の塊である歯垢をそのまま放置していると虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

さらに、歯垢は時間が経つと硬い歯石へと変わるため、早めに除去するのが大切です。

歯磨きで歯垢を除去する場合は、歯垢が付着しやすい親知らずや奥歯の裏をしっかり磨くようにしましょう。

使用する歯磨き粉は、フッ素配合のものにすることで虫歯予防にも繋がります。

歯垢や虫歯による口臭が気になる人は、定期的に歯医者で診察をしてもらうこともおすすめです。

歯医者では、自分では確認しにくい奥歯の歯垢や歯周病のチェックもしてもらうことができます。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *