歯石除去は自分でやると痛い!適切な頻度はどれくらいか紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 48 秒です。

歯石除去

歯石は、歯に蓄積した歯垢が石灰化したもののことを言います。

そんな歯石ができてしまうと、歯石部分に新しい歯垢が付着しやすくなり、歯周病などの病気を引き起こす原因になります。

そのため、歯を健康に保つためには、年に1度の頻度で歯石除去をするのが大切です。

しかし、歯石除去はどのくらいの頻度で行えばいいのか疑問に思うことも多いかと思います。

さらに、歯石除去を自分で行うと痛いと言われており、歯医者に受診して治療を行うことがおすすめです。

そこで今回は、歯石除去について頻度や痛いのはなぜか説明します。

【スポンサーリンク】

歯石除去は自分ですると痛いって本当?

自分で歯石除去を行う場合は、歯磨きやデンタルフロスを利用するのが基本です。

しかし、歯垢が硬くなった歯石は、歯磨きだけでは完全に除去することができません。

そのため、隙間の歯石もできるだけ除去できるようにデンタルフロスも利用することがおすすめです。

このように歯石除去を自分で行う場合も、痛いと感じる人が多く、歯ブラシをするときは、当たっても痛いと感じないくらい歯茎の腫れが 治まってからにしましょう。

歯茎が腫れたまま自分で歯石除去をすると痛いため、注意しておきましょう。

また、自分で行う歯石の除去は、完全に歯石除去することはできませんが、歯石予防になりますので、自宅でのケアとして自分で歯石除去をすることはおすすめです。

歯石除去を行う頻度はどれくらい?

歯医者で歯石除去をする場合は、年に1度は歯石除去に行くことがおすすめです。

【スポンサーリンク】

上記の通り、自分で歯石除去は完全に除去することはできませんので、定期的に歯医者で歯石除去をしてもらうのが良いでしょう。

また、自宅で歯磨きを利用し歯石ケアをしている人は、毎日使用する歯ブラシは約1ケ月でコシが無くなり、歯石除去がしにくくなるので月に1回歯ブラシを新しいものに交換するのがベストです。

ただし、ブラッシングが上手くできない人の場合は、自分で歯石除去することが難しいので月に1回の頻度で歯医者に歯石除去しに行くようにしましょう。

自分の歯をチェックして、歯石の状態を確認して歯医者に通う頻度も考えるのが最適です。

【スポンサーリンク】

歯石除去が痛いのはなぜ?

歯石除去をするときに痛いのは、歯茎の腫れによって起こります。

そのため、歯磨きをするときにも痛いため、出血や痛いのを防ぐには、歯茎の腫れを改善することが大切です。

また、長期間歯石を溜めてしまうと、歯医者で治療を行う際に痛いことがあり、歯石が溜まる前に症状に合わせた頻度で治療を行うことで痛みも緩和することができます。

歯医者での治療は、患者にできるだけ痛みが無いように治療を行っていますが、奥の歯周ポケットの治療を行うときに痛いと感じる人もいます。

どうしても歯茎の腫れで痛いのを我慢できない場合は、医師に相談して麻酔による治療をしてもらうと良いでしょう。

まとめ

歯石除去は、歯の歯石の状態によって治療頻度や痛みに個人差があります。

自宅で歯磨きやデンタルフロスを利用することで、歯石除去をすることも可能ですが、全て除去することはできませんので、上記の頻度を参考に歯医者で歯石を取り除きましょう。

歯医者で治療を行う頻度は、個人差がありますので、歯石を綺麗に除去して、歯を健康に保つためにも、セルフケアと一緒に歯医者での治療も取り入れることが最適です。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *