フライパンのおすすめな選び方!人気の鉄は収納時に注意?

cooking_fryingpan2

フライパンはどれも全部同じだと思っている方はいませんか?

実はフライパンが鉄製かフッ素加工か、により調理の仕上がりやお手入れの手間などは全く変わってきてしまいます。

そこで今回はおすすめのフライパンの選び方を詳しくご紹介すると共に、プロに人気な鉄のフライパンの収納方法についてもおすすめしていこうかと思います。

よってこれから紹介するおすすめのフライパンの選び方が、自分の家庭でもできているのかを再確認し、フライパンの正しい収納の仕方や人気な鉄製フライパンのお手入れ方法を参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】

フライパンを選ぶ際のおすすめポイント

フライパンを選ぶのは、それぞれの家庭の使用用途によって変わってきます。

よって、以下のどちらを重視するかで、フライパンの選び方を変えることをおすすめします。

①使い勝手を重視したい方

フライパンの使い勝手を良くしたい方は、フッ素加工やテフロン加工がされてある焦げ付きにくいフライパンが人気がありおすすめです。

しかし、その表面のフッ素は使っていくうちにだんだん剥がれ落ちてくるので、さほど高くなく、短いスパンで使い捨てのできるものをおすすめします。

そして、人気のあるフッ素加工のフライパンは温度差に弱いので、空焚きをしたり、料理直後に水につけるのはしないようにして下さい

②料理の質を重視したい方

【スポンサードリンク】

鉄製やアルミ製のフライパンは、人気なフッ素加工のされてあるフライパンよりもお手入れが面倒な点がデメリットになりますが、熱伝導率が比較できない程優れているので、プロのように料理の質を上げたい、又は本格的な料理を家庭でも楽しみたいという方にはおすすめです。

鉄製やアルミ製のフライパンはシーズニングといって、買ってから最初は表面の油馴らしが必要です。

その手順は、油をキッチンペーパーで表面に塗り、鉄製フライパンに火をかけて煙が出てきたらまた油を敷きなおします。

これを5回から8回繰り返すと、シーズニングは完了なので、フッ素加工がされていないフライパンはこれをしておくと良いでしょう。

しかし、調理後に洗剤を使うと再びシーズニングをしなければいけなくなるので、洗う際にはお湯で軽くすすぐ程度にしておくことが大切です。

【スポンサードリンク】

人気の鉄製フライパンは収納に要注意!

上記でもプロに人気な鉄製フライパンのお手入れについて詳しく説明しましたが、鉄のフライパンはお手入れや収納方法次第で一生使えることができるの、近年では人気も高まってきているおすすめ商品です。

特に鉄のフライパンの収納時には、何度も乾いたキッチンぺーパーで拭き取り、収納場所は影の湿気の無い場所に収納しておかないと、サビや変色の原因になるので収納にも注意しておきましょう。

このように、鉄のフライパンは収納や手入れに慣れてしまえばフッ素加工よりも使い勝手が良いと感じる方も多いので、料理を時短で作りたいという方にもとってもおすすめできる実は人気の鉄製フライパンです。

いかがでしたか?

フライパンは鉄製やフッ素加工素材によって、料理も変わり、手入れ方法も違ってきます。

【スポンサードリンク】

上記の収納ポイントも参考に、是非人気のフライパン選びを上手くして頂ければ幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ