自己紹介の例とコツは?面接では面白い人であるべき!

これから就職活動をする人や転職を考えている人もいらっしゃるかと思いますが、就活で重要なのが面接で自分を売り込むことですよね。

自分の働きたい企業に内定されるか決まるのは、面接での自己紹介が決めてと言っても過言ではありません。

初めて就活する人であれば、面接でどのように自己紹介をしようか悩むかと思いますが、面接官の心を掴むためには面白い自己紹介を入れることがおすすめです。

普通の内容では、他の人と同じになってしまい、大切なことを確実に伝えることができなくなってしまいます。

そのため、自己紹介では例として過去のアルバイトのネタなどの面白い経験を話すこともおすすめです。

そこで今回は、自己紹介の例や面接でのコツをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

自己紹介の例文とは?

就活での面接でその他の質問の回答はすぐにできる人も多いのですが、1番悩むのが自己紹介と思います。

また自己紹介で面接官の心を掴むことができれば、内定が決まりやすいかと思います。

自己紹介では志望動機や応募者のスキルチェックなどをしており、面白い自己紹介をするためには、まず自己紹介のキャッチコピーを決めておくのが大切です。

キャッチコピーの例としては、面白い内容を取り入れて面接官の心を掴むための自分の強みを一言に表すことがポイントになります。

キャッチコピーの例には、新しいアイデアを生み出すのが得意な人であれば、調合し新しいものを生み出すアイデアバーデンダーなど、面白いキャッチコピーを考えることで面接官にも印象を与えることができます。

【スポンサードリンク】

その他にもネットにはさまざまな自己紹介の例が記載されていますので、そのまま真似をするのではなく、例を参考にしながら自分のオリジナル自己紹介を作っていきましょう。

【スポンサードリンク】

面接で採用されるコツは何?

上記でも述べていますが、面接では自己紹介がポイントですが、何の面白味もない自己紹介では、面接官の印象に残ることはできません。

また、ただ面白いだけの面接をするのではなく、自分のスキルを売り込むことが重要となります。

さらにその企業の商品についても、どのように自分のスキルが役に立つのかを相手に確実に伝わるように自己紹介で説明していきましょう。

自分のアピールポイント(長所)

・アピールポイントのエピソード

・業務内容でどう活かせるのかを説明

などを3点をきちんと考え、面白い内容になるようにエピソードを話すときに前職での面白いネタを上手く入れていくのが面接でのコツです。

自己紹介のキャッチコピーの例でも、まずは自分の売りになるスキルを考え、印象に残る面白いキャッチコピーにしますが、何でもキャッチコピーにするのではなく自分の1番のアピールポイントが伝わるようにしましょう。

またサイトなどの自己紹介の例をそのまま使用してしまうと内定も貰えなくなりますので、注意が必要です。

このように自己紹介では面白い内容になるように、例を参考にしながら面接内容を頭に入れることが最適です。

面接での自己紹介では、やはり緊張してしまいますが、少しでもリラックスして話せるように面接日まで自己紹介の練習をしっかり行いましょう。

【スポンサードリンク】

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ