一応の意味と使い方について!ビジネス敬語としては間違いなのか?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 32 秒です。

皆さんがよく普段から使用することの多い「一応」という言葉は、ビジネス敬語として使用することができるのでしょうか?

意味を理解せず使用していると、間違った使い方をしてしまう原因となり、ビジネスで上司や取引先相手に失礼な対応となります。

また、一応と似た言葉で「一様」という言葉があり、意味を理解していないと使い方が分からず、相手にも正しい意味を伝えることができません。

そのため、正しい使い方で一応を使いたい人は、きちんと言葉の意味を理解しておきましょう。

そこで今回は、一応の意味や使い方、ビジネス敬語として間違っているのか詳しく説明していきますので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

一応の意味と使い方を紹介!

一応(いちおう)の意味には、「ひととおり、ひとまずのところは」という意味があります。

例文としては、「これで一応できている」や「一応こうしておく」などといった使い方をします。

また、一応という言葉の意味は、曖昧な表現となるため、ビジネス敬語とした使い方をするのはおすすめしません。

一応の間違った使い方をする人で多いミスが、読み間違いや一様の意味と間違えているケースがあります。

一応の読み方は、「いちおう」ですが、中には「いちよう」と読んでしまう人もいらっしゃいます。

さらに、一様のという意味で一応を使ってしまうと、間違った使い方となり、相手に上手く意味が伝わらなくなります。

そのため、一応の意味や使い方には注意をしておきましょう。

スポンサーリンク

一応はビジネス敬語なの?

一応は、普段から使うことの多い言葉のひとつですが、ビジネス敬語として正しい使い方する場合、注意しておく必要があります。

ビジネス敬語として使用する場合は、ビジネスメールで使うようになるかと思います。

しかし、一応をそのままビジネス敬語として使用すると、曖昧な表現となるため、ビジネスで使用するのは好ましくありません。

ビジネスで返答を求められる場合、曖昧な返答では相手が困ってしまいます。

そのため、曖昧な表現はあまり使用せず、確証のある返答をするようにしましょう。

どうしても一応を使用するときは、一応をそのまま使用するのはビジネス敬語ではありませんので、「念のため」という言葉に変えて正しい使い方をすることが大切です。

一応と一様の違いとは?

上記の通り、一応と一様は似たように聞こえますが、同じように使用すると間違った使い方になることがあります。

一応の意味は上記で説明しましたが、一様の意味は「同じ様子であること、そのさま」という意味であるため、似ていますが使い方は違ってきます。

よって、一応と間違えて一様を使用してしまっている人は、知らないうちに恥をかいてしまいますので、きちんと両方の違いを把握しておきましょう。

また、一応は敬語にならないため、会社や上司への報告で、一応は使わないようにし、ビジネスではできるだけ使わないのがベストです。

状況によっては、使用する場合があるかもしれません。

例えば、「一応ご連絡します」と伝えたいときは「念のためご連絡します」と正しい敬語に変えて使用すると良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *