mctオイルの効果は危険?カロリーがダイエットに響く?


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 1 秒です。

metabolic_senaka

今密かに話題になっているmctオイルってご存知ですか?

何でもその効果はココナッツオイルを遥かに上回っているとか。

ただし、危険なこともあるので、カロリーを気にして食事に気を付けていても、mctダイエットには落とし穴がありそう。

mctオイルとココナッツオイルはどうしても比べられてしまいますが、その詳しい違いは後で述べるとして、簡単に言っちゃえば、mctオイルはココナッツオイルの最上位版ということになります。

もちろん、その効果にも変化があります。

ただ、mctオイルダイエットには危険な副作用も伴いますので、気軽にダイエットに取り入れるには、リスクもあります。

でも、どんなダイエット方法にもメリット、デメリットがある訳ですから、カロリー制限をする糖質ダイエットにおいては、mctオイルダイエットは最も適しているとも言えるのです。

【スポンサーリンク】

➀mctオイルとココナッツオイルの違い

mctオイルはもともと医療の世界で栄養補給として取り入れられてきたものです。

今ではすっかりダイエットの代表格のようになっています。

mctオイルは中鎖脂肪酸であるのですが、中鎖脂肪酸であると何がすごいのか?

それが・・・。

構造が短いのでエネルギーになるまでの時間が、一般的な油より4~5倍も早いことが特徴です。

この中鎖脂肪酸のことを相してmctと言うのです。

中鎖脂肪酸であるmctオイルは、ピンポイントで摂取することが出来るので、ココナッツオイルよりも少ない量で、同じ効果が実感できるんです。

分かり易く言えば、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸のmctの割合は60%であることに対して、100%であるものがmctオイルと言う訳です。

【スポンサーリンク】

ですから、mctオイルはココナッツオイルの最上位版、つまり、ココナッツオイルの成分としてのいいとこどりをしたずるい奴がmctオイルなんです。

【スポンサーリンク】

➁mctオイルを使ったケトン体ダイエット

糖質ダイエットがいいと叫ばれて久しいですが、このタイミングでmctオイルが満を持して登場します。

糖質ダイエットとmctオイルを組み合わせるダイエットこそ、最強のケトン体ダイエットと呼ばれるものです。

人の体は糖質で出来ています。

つまり、ブドウ糖がエネルギーとなって、健康な生活が出来ている訳です。

ですが、間違ったダイエットなどで、飢餓状態に陥ったり、糖質が不足すると、体内に蓄積された脂肪をケトン体に変換して、それをエネルギーとして変える力がある訳ですが、これをケトン体質と呼びます。

mctオイルは肝臓で分解される時に、ケトン体を大量に合成するため、糖質制限ダイエットでのケトン体質への切り替えが早くてスムーズに行えます。

その他、アルツハイマー、認知症、脳卒中、パーキンソン病、てんかん、自閉症などにも効果的だと言われています。

また、美容面では、アンチエイジング、アレルギー、アトピー改善の効果も期待されているmctオイルであります。

➂mctオイルの代表的な取り方

mctオイルは料理や飲み物に混ぜて取ると良いとされていますが、その中でも代表的で始めやすいのがコーヒーに入れるやり方です。

コーヒーに何故適しているかと言うと、風味が強いことでオイルを入れても違和感がないことと、コーヒーのカフェインがダイエット効果に有望視されているからです。

取り方は簡単。

コーヒー1杯にmctオイルをスプーン1杯入れるだけ。

ホットコーヒーがお勧めです。

コーヒーが苦手な方は紅茶でもOKですよ。

危険なのは、炒め物や揚げ物用の油として使わないことです。

【スポンサーリンク】

下手に使うと下痢や胃のむかつきが起こりますのでご注意下さい。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *