回復食メニューとは?ヨーグルトやコンビニ食品でOK!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 39 秒です。

回復食とは何か?と思う人もいるかもしれませんが、回復食はファスティング後(断食後)の食事のことを言います。

ファスティングを行い、体内をデトックスしてリフレッシュした後、徐々に食事を戻していくという作業を行わないと、リバウンドの原因となります。

そのためファスティング後の回復食は非常に重要なポイントとなります。

ですがファスティング後に、すぐ食べてはいけないメニューもあり、回復食のメニューは一体どんなメニューにすればいいのか悩みますよね。

そんな回復食ですがコンビニ食品やヨーグルトで簡単に、済ませることができます。

コンビニ食品やヨーグルトならば、手軽に購入することができ便利です。

【スポンサーリンク】

回復食の基本とは

ファスティング後の回復食は、できる限り続けることでダイエットの効果が高まります。

しかしいつまでも回復食を続けるのは辛いと感じる人も多いので、そういう時は、日を追うごとに量を増やしていくのがおすすめです。

それでも辛いと感じる方は、最低3日を目標に回復食メニューを取りましょう。

様々な意見があり、最低何日回復食を取ればいいという決まりはありませんが、3日掛けて徐々に通常食に戻すことが最適です。

ファスティングを行うと、消化器官は休んでいる状態になります。

普段は休みなく働き続けていたのに、急に休みなったという状態になりますので、回復食のメニューはなるべく消化にいいものを取りましょう。

【スポンサーリンク】

できるだけ固形物を避けて発酵商品など、栄養素が分解されている食事を摂取することがベストです。

よって定番メニューのお粥やお味噌汁、野菜スープ、ヨーグルトなどが良い言われています。

【スポンサーリンク】

食べていい物といけない物って何?

まず、代表的回復食メニューは豆類、豆乳、魚、ごま、キノコ類、野菜、イモ類、海藻類になります。

しかし、動物性タンパク質である魚と炭水化物の塊であるイモ類は適さないのでは、という声もありますので、回復食で使用する場合は、復職期間の後期に摂取するのが良いかもしれません。

ファスティング後すぐに食べてはいけない物は、肉、揚げ物、スナック菓子、バター、マヨネーズ、粉ものは控えるようにしましょう。

ファスティング後は普段より、栄養の吸収が良い状態になります。

さらに血管の中の老廃物が排出され、血の巡りがよくなっているため、栄養素が体中を巡りやすい状態になっています。

なので、このタイミングで太りやすい食材を摂取してしまうと、リバウンドの原因になります。

コンビニ食のおすすめが知りたい!

コンビニに販売されている商品で、回復食の代わりになるものがあるのはご存知でしょうか。

回復食メニューを自分で作ることができないときもあるかと思いますが、コンビニの味噌汁やお粥でも大丈夫です。

その他にも豆腐や納豆の大豆製品には、植物性タンパク質を豊富に含んでいますので回復食にはおすすめです。

また回復食では動物性タンパク質は摂取してはいけないので、タンパク質不足になりがちになるため、豆腐や納豆の豆類は貴重です。

好き嫌いなく食べることのできる回復食と言えば、ヨーグルトですよね。

ヨーグルトはコンビニでも購入することができ発酵食品で吸収が良いため、お腹の調子も整えてくれます。

【スポンサーリンク】

ですが購入する際には、甘味料が控えめなヨーグルトを選ぶようにしましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *