【虫歯を放置して治るわけない】死亡する可能性は?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 32 秒です。

皆さんの中にも、虫歯を放置してしまって症状が悪化した経験がある人もいらっしゃるかと思います。

虫歯は、放置しても治ることは無く、虫歯の治療は治るまで行うのが重要です。

さらに、虫歯を放置すると口臭や歯周病を引き起こすリスクも高くなり、最悪の場合、死亡する可能性もあるのです。

そのため、虫歯ができたら早めに歯医者に受診して、治るまで適切な治療を受けることをおすすめします。

そこで今回は、虫歯を放置するとどうなるか、死亡のリスクを高める理由などについて詳しく説明していきます。

【スポンサーリンク】

虫歯を放置すると・・・

歯医者の治療が痛くて苦手な人は多いですよね。

ですが、虫歯を放置すると、虫歯が進行して歯が溶けてしまうこともあり、自然に虫歯が治ることはありません。

さらに、虫歯によって口内で細菌が繁殖し、口臭がきつくなり、痛みも強くなります。

虫歯が神経まで進行してしまうと、歯医者に受診したときに治療中の痛みが起こりやすくなり、治療期間も長くなると言われています。

このように、虫歯を放置すると治るどころか、症状が進行して辛い思いをしてしまいます。

中には、虫歯の治療を受けずに痛みが治ったからと言う人もいますが、痛みが無くなると、虫歯菌が顎の骨まで到達してしまう可能性があります。

よって、虫歯は放置せずに歯医者に受診し、治るまで適切な治療を受けましょう。

【スポンサーリンク】

虫歯を放置すると死亡することもある?

虫歯を放置すると死亡するリスクがあることをご存知でしょうか?

虫歯の進行により神経が死んでしまうことで、虫歯菌は顎の骨まで浸食していまきます。

そうなると、炎症が起こるので歯茎から終結や膿が出るようになり、顎の骨髄に虫歯菌が感染すると骨髄炎を引き起こしてしまいます。

骨髄炎を発症してしまうと、嘔吐や発熱の症状が起こり、治療が遅れてしまうと骨が変形して後遺症が残る可能性もある怖い病気です。

また、このように虫歯を放置すると起こる病気は、骨髄炎だけではなく敗血症、肺炎、心筋梗塞などを引き起こすケースもあります。

そのため、放置していれば治るだろうと、虫歯をそのままにすると死亡するリスクが高まります。

高齢者の場合は、免疫力が低下しているため、虫歯が原因となって肺炎を引き起こすことがありますので、早く虫歯が治るように歯医者に受診しましょう。

肺炎になると、高熱、咳、呼吸困難などの症状が起こって、衰弱していきます。

虫歯によって死亡するリスクを無くそう!

虫歯を放置することが、その他の病気を引き起こす可能性を高めてしまい、死亡リスクが高くなります。

よって、虫歯による死亡リスクを解消して、病気の予防をするためにも虫歯の治療は早めに行うのが大切です。

忙しい人は、虫歯に気付いても放置してしまいがちですが、空いた時間を見付けて虫歯が治るまでしっかり治療しましょう。

これまで説明してきたように、虫歯の治療を放置して虫歯が治ることもなく、虫歯菌によって全身の不調に繋がります。

そのため、虫歯によっては最悪の場合死亡する可能性もあるので、子供から大人まで虫歯には注意しておきましょう。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *