【抜歯後の食事や飲酒】費用や痛みについてご紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 24 秒です。

多くの人が親知らずの抜歯の痛みを味わったことがあるかと思います。

親知らずの抜歯を考えている人は、痛みがどれくらいのものなのか気になりますよね。

また、抜歯にかかる費用は、親知らずの状態によっても異なります。

さらに抜歯後の食事や飲酒によって、痛みや腫れ具合も違ってくるため、抜歯後は食事や飲酒に注意しておきましょう。

そこで今回は、抜歯の費用や痛みについて説明していきますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

抜歯後の食事や飲酒に注意?

歯を抜き終わった抜歯後は、食事や飲酒を気にせずに摂取する人が多いのですが、抜歯後は、痛みや腫れ、出血が起こるため、食事や飲酒は注意する必要があります。

抜歯の際に必ず行う局所麻酔は、約2~3時間効果があるので麻酔が効いている間に食事をすると舌を噛んでも気づかないので、麻酔がきれるまでは食事を控えましょう。

抜歯当日の食事は、傷に負担をかけないように刺激の少ない雑炊やお粥がおすすめです。

辛い食事は、傷を刺激してしまう腫れや痛みが起こるのでおすすめできません。

また、抜歯後に飲酒をすると傷の治りが遅くなり、体内にアルコールが入ることで血管が拡張してしまいます。

そのため、飲酒によって傷口から出血を起こしてしまうケースもあります。

よって、抜歯後は刺激の少ない食事をして飲酒は傷が治るまでは控えた方が良いでしょう。

【スポンサーリンク】

抜歯の費用や痛みはどれくらい?

抜歯を行う理由は、親知らずや虫歯が関係していますが、抜く歯の場所によって費用も変わります。

歯茎に埋まっている親知らずを抜歯する場合は、約4000円程度ですが、通常のまっすぐな歯を抜歯する費用は、約2000円程度です。

正確な費用を知りたい人は、事前に受診する歯医者に電話で費用の確認しておくと良いでしょう。

また、抜歯の痛みは、治療後の方が辛いと言われています。

抜歯をする際は必ず麻酔をするのですが、抜歯後に麻酔がきれると痛みを感じますので、痛み止めを処方してもらえます。

しかし、食事をする際に痛みが起こる可能性が高いので、上記で説明したように雑炊などの刺激の少ない食事をするのが最適です。

まとめ

抜歯は、治療する場所によって費用が変わってくるので、受診する前に確認をしておきましょう。

治療後は、歯茎に大きな傷ができた状態になるため、治りを早めるためにも食事は刺激の少ないものがベストです。

上記の通り、飲酒は傷の治りが低下する原因となるので、お酒の好きな人も抜歯は飲酒を控えておきましょう。

歯医者によっては、保険適用外になるところもあるので費用が高くなるケースがありますので、少しでも費用を安く済ませたい場合は保険適用で治療が行える歯医者を選ぶことをおすすめします。

タバコは、飲酒と同じで痛みや治りが悪くなるのでできるだけ控えるのが良く、どうしても痛みが引かないときは自己判断するのではなく、医師に相談しましょう。

市販の痛み止めもありますが、痛みが長引いてしまうこともあります。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *