熱が下がらないのは大人だけ?病気なら子供も危険です!

hatsunetsu_kodomo

みなさんは急な発熱や、熱が下がらない状況に戸惑った..なんて経験された方はいませんか?

普通の風邪だと熱は3日ぐらいで下がり、体調も良くなってきますよね。

しかし大人になると発熱=風邪やインフルエンザというわけでもないようです。

大人の熱が下がらない原因や特徴を紹介していきますので、そんな経験が無いという方も、対策として知っておくと安心です。

そして反対に、子供は免疫力が大人よりも低いがゆえに、体温を上げてウイルスや病原体と戦うことが多いため、熱が出ることも少なくありません。

しかし子供の発熱の場合も、3日程度で熱が下がらなければ、それは感染症などの病気の可能性が高いので、すぐに病院にいって受診する必要があります

子供の熱が下がりにくくなる病気の症状も重ねて説明していくので、お子さんがいる方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

大人の下がらない熱の原因

大人の方は子育てや、仕事などで忙しくなっている方が多いかと思います。

そんな中、風邪でもないのに熱が下がらないと、仕事や子育てに支障をきたしてしまうので困ってしまいますよね。

実は、大人の下がらない熱の原因は、仕事や子育てなどからの精神的ストレスが大きく関係しているのです。

これは心因性発熱又はストレス性発熱といわれ、37度から38度の熱が長い間続くという症状が出ます。

この心因性発熱はだるさだけが続き、風邪のように咳や鼻水などの症状が出ない特徴があり、原因のストレスや疲労さえ改善できれば、熱も徐々に下がっていきます。

改善方法は、睡眠時間をできるだけ増やし、休日はリラックスできることをするなど工夫すること良いでしょう。

【スポンサードリンク】

それでも改善されない場合は精神科や心療内科での受診をおすすめします。

ほかの科に受診しても、不明熱や単純に風邪でしょうと診断されることも多いため注意が必要です。

【スポンサードリンク】

子供の下がらない熱は危険!?

子供の熱が3日以上下がらない場合、感染症などの可能性もあるため、重症化しないようにすぐに病院で受診する必要があります。

考えられる病気は以下のようなものです。

突発性発疹

高熱の状態が3日未満でも発疹が出たらすぐに病院へ行きましょう。

水疱瘡

高熱が出て水膨れなども見られる場合、水疱瘡の可能性があるので、傷が残らないためにも、病院ですぐに塗り薬などをもらって治療することをおすすめします。

肺炎

風邪でウイルスが体内に入り、肺にまでいってしまうと肺炎を起こしやすく、咳がひどくなるので、5日以上咳と共に熱が下がらない場合は、肺炎を疑った方が良いでしょう。

インフルエンザ

インフルエンザは予防注射をしていても、かかってしまうことが多い病気なので、熱が3日から5日も下がらない場合は、水分補給を欠かさずに病院で薬物治療をしてもらうことが必要です。



高熱が続いてしまうときの対処方法

熱だけ下げるために解熱剤を飲むのを繰り返しても、病気自体は治らないので意味がありません。

熱を下げるにためにまずはおでこを冷やし、横になって充分に体を休める必要があります。

【スポンサードリンク】

子供も大人も3日以上熱が下がらない場合は、上記の項目を参考に、症状をしっかり確認した上で、すぐに病院に受診をしに行くことをおすすめします。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ