小豆の栄養効果と効能が凄い!妊婦さんにもおすすめ!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 27 秒です。

azuki_mame

みなさんは小豆の栄養の効果をご存じですか?

小豆は栄養が高く、人体にさまざまな良い効果と効能をもたらしてくれるということが分かっています。

特に妊婦さんには是非摂取していただきたい栄養素が小豆には豊富に含まれています。

このように小豆は妊婦に良いことから、芸能人の妊活によく利用されているとメディアでも話題の食材です。

よって、小豆の効果や効能を知らない方、又は妊婦さんは是非こちらで小豆のカロリーも含め、栄養摂取のひとつの手段として、食事に取り入れて頂ければと思います。

【スポンサーリンク】

小豆にはどんな栄養素が含まれているの?

小豆はよくお祝い事の際に使われる食材ですが、栄養素は一体どのようなものが含まれているのでしょうか。

まず小豆はビタミンB1、B2が豊富で、成人女性の目標摂取量の約半分が含まれているといわれています。

そして、カルシウム、鉄分、亜鉛、ポリフェノール、サポニン、マグネシウム、リンなどの栄養素も豊富に含まれているのが特徴です。

これらが不足すると、人体の健康に悪影響が出ることもあるため、小豆で積極的に栄養を摂り入れておくことが大切です。

【スポンサーリンク】

小豆の効果が知りたい!

小豆は妊婦さんとても良い食材だということをお伝えしましたが、それには以下の理由が考えられます。

胎児の成長を手助けする

【スポンサーリンク】

赤ちゃんの皮膚や髪の毛はタンパク質で作られており、小豆を食べることで胎児の脳や体の成長を手助けすることが分かっています。

さらに、小豆にはカルシウムも豊富に含まれているため、骨や歯の源となり、胎児と母体両方に良い効果が期待できます。

胎児の免疫力を高めてくれる

小豆に含まれている亜鉛には免疫力を高める効果もあるので、この栄養素も胎児と母体共に是非摂取して頂きたいものとなっています。

むくみや腫れを改善する

妊婦さんに多い悩みかと思いますが、女性であれば冷えによるむくみや腫れのトラブルがでてくるときもあるかと思います。

しかし小豆は、ワイン以上にポリフェノールが豊富に含まれているため、むくみや腫れを改善してくれるだけでなく、美容に大切な肌の生成作用を高めてくれる役割があります。

よって、シミやくすみが気になる方にも小豆はおすすめの食材です。

小豆のおすすめの食べ方と注意点

小豆は、栄養素が高くとてもオススメの食材ですが、消化がされにくいため、体にいいからといって過剰摂取をするのは良くありません。

食べ過ぎたからといって栄養価がそれだけ吸収されるワケでもありませんし、ガスが胃に溜まりやすくなるため、お腹が張ってしまう原因になってしまいます。

そして小豆のカロリーは茹でたもので100グラム当たり143キロカロリーなので、さほど高くありませんが、やはりなんでも食べ過ぎはよくありませんので、注意しておきましょう。

そして、栄養価を出来るだけ摂取するためには、さっと茹でてから食べるのが最適です。

しかし常温で保存する場合は、細菌や虫がわかないためにも、唐辛子を一本いれておくと良いでしょう。

【スポンサーリンク】

小豆を多く茹でてしまい食べきれない場合は冷凍保存をしておけば、1ヵ月は十分に保存できるためオススメです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *