雑炊は風邪に1番!簡単と栄養満点の作り方は卵に一工夫!

季節の変わり初めには、温度変化も激しく風邪が流行りますよね。

皆さんは、風邪を引いたときや病気のときには何が食べたくなるでしょうか?

風邪を引いてしまうと体力や消化機能も低下してしましますので、消化に良い雑炊を食べる人が多いかと思います。

そんな卵雑炊の簡単な作り方があり、アレンジするだけで栄養補給にもなる卵雑炊を作ることができます。

このように風邪のときに暖かい雑炊を食べることで、身体の保温をすることができ、早く風邪を治すことが可能になります。

そこで今回は、栄養満点の卵雑炊の作り方をお教え致しますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

風邪には雑炊が最適!

風邪を引いたとき卵雑炊を食べると良いのは聞いたことあるけど、なぜ卵雑炊なの?と思う人もいるかと思います。

上記でも述べていますが、風邪を引いたら消化機能が低下してしまうため、脂っこい食べ物は消化に良くありません。

しかし、雑炊はご飯を出し汁で味付けして煮込むため、柔らかくなりますので、消化にも良く食べやすいのが魅力です。

また、炭水化物を摂取することができるため、体温を上げるために必要な栄養を摂取することができるのです。

風邪を引いたときには身体を冷やすのはNGですが、卵雑炊は暖かいので身体の内側から温めることができ、免疫力が高まります。

よって、風邪を引いたときには卵雑炊を食べることが最適と言われているのです。

卵雑炊は味付けをし、具材を入れて煮込むだけで簡単に作ることができますので、
一人暮らしで風邪を引いたときにもサっと作ることができるのも魅力的です

【スポンサードリンク】

簡単な卵雑炊の作り方!

寒い季節にもおすすめの簡単な雑炊の作り方をお教え致します。

ニラ卵雑炊

(材料) ご飯200g、ニラ、にんじん、ネギ、出し汁3カップ、塩、生姜、酒小さじ1、醤油小さじ2

ニラ卵雑炊の作り方は、まずニラとにんじんを3cmに切り、次にネギはみじん切りにします。

そして、生姜をすりおろし、卵をボールに入れほぐしておきます。

下準備が完了したら、焚き上がったご飯をサっと水で洗い、ぬめりを取り除きます。

鍋にネギ、生姜、ニラ、ご飯を入れて煮ます。

ニラがしんなりしてきたら、卵を入れて、ひと煮立ちさせたら簡単卵雑炊の完成です。

ニラ雑炊は作り方も簡単で、ニラやにんじん、生姜などを入れることで身体を温める効果があります。

また、食欲が湧いてきたら、食材を増やし作り方をアレンジしてみるのもおすすめです。

雑炊は簡単な作り方で栄養が豊富!?

今まで説明してきたように、雑炊は味付けして煮るだけなので作り方も簡単です。

雑炊と聞くと、ご飯と梅干しのシンプルな雑炊が定番なイメージがありますが、ご飯と梅干しだけの雑炊では風邪に効く雑炊を作ることはできません。

そのため、上記で紹介した卵雑炊などの作り方を参考に、具材も栄養のあるものにすることで風邪に効果のある雑炊を作ることができます。

雑炊の他にもお鍋などの温かく野菜を摂取することのできる料理も簡単につくることができ、身体を温めることができるので風邪のときには最適です。

【スポンサードリンク】

よって、風邪で辛い時には簡単な雑炊を作り、体力を回復しましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ