笑い方で性格が出てる?下品にならない練習とは?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 33 秒です。

皆さんは、気付かないうちに下品な笑い方になっていませんか?

人の笑い方には性格が出ると言われており、自分ではちゃんとした笑い方をしているはずなのに、引きつった笑い方になっていることもあります。

そんな笑顔は女性にとっても魅力のひとつとなり、下品でないように普段から練習をしておくことがおすすめです。

人は相手の笑い方で性格を判断している部分もあり、接客業をしている人ならば笑顔は重要なポイントです。

また綺麗な笑顔をしていても、笑い声で台無しになってしまうなんてことも少なくありません。

そこで、下品にならない笑顔の練習法をご紹介致します。

【スポンサーリンク】

笑い方で性格が出るって本当?

人によって笑い方は異なりますが、その笑い方の中に性格が出ていることがあります。

では自分はどのような笑い方をしているのか、確認してみましょう。

・クスクス笑い

相手に失礼の無いようにクスクスと笑っていると考えられますが、クスクス笑いをしてしまう人はトラブルメーカーで、問題を起こしても解決してくれるのを待っているタイプと言われています。

・高笑い

自分に自信のある人は、高笑いをする傾向があります。

そんな高笑いは相手によっては耳触りと思われてしまうことがるので、注意しましょう。

・引き笑い

引き笑いをする人は、他の人を笑わせることのできる面白い人と言われています。

話をしながら笑ってしまうために、ブレスのタイミングが無くなり引き笑い状態になってしまいます。

このように笑い方によって、その人の性格を考えられることができます。

他にも鼻笑いや馬鹿笑いなどもありますが、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

下品にならないための練習方法

普段から自分の笑い声の気になる人は、笑い方が下品になってしまわないように練習をすると良いでしょう。

笑い方で好感度を上げるためには、少しだけ口を開けるようにして笑うことが最適です。

しかし、少しだけ口を開けて笑うのも難しいものです。

また口角だけを上げて笑うのは、笑顔作りの基本ですが、慣れると表情に変化つけながら、口角を上げた笑い方を出来るようになります。

不意に笑ってしまった時には照れたように笑うことが、下品になってしまわないポイントです。

そして照れた笑い方をするためには、手で鼻や口元を抑えることが最適です。

会話の途中で笑ってしまっても、照れた笑い方ならば相手に不快感を与えることがなくなります。

このような笑い方を自宅でを見ながら行い、普段から意識していると自然に笑い方が綺麗になってくるでしょう。

笑顔には凄い効果がある!?

人間は笑うことで細胞が活性化して、免疫力が高まる効果があります。

また笑っている人を見て、つられ笑いになってしまうことはないでしょうか。

さらに無理に笑った作り笑いだとしても、笑顔が感染し、ストレス軽減することができます。

そんな健康にも効果のある笑顔は、仕事や人とのコミュニケーションでも重要となってきます。

知らないうちに下品な笑い方をしてしまうと、相手に不快感を与えてしまい、良い印象になりません。

【スポンサーリンク】

よって綺麗な笑い方に改善して、相手に良い印象を与えるようにしましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *