洗濯物の臭いが酷い時!洗剤に重曹や熱湯どれを使う?

皆さんの中にも洗濯物の臭いが気になったことがあるかと思いますが、生乾きなども洗濯物の嫌な臭いの原因となります。

また洗濯したはずのタオルを使用すると嫌な臭いがすることもありますが、そんな嫌な臭いは雑菌臭です。

そんな洗濯物の嫌な臭いは洗剤に重曹や熱湯を使用することで、改善することができるのをご存知でしょうか?

いつも同じタオルだけが嫌な臭いする場合にも、雑菌が多く付着している可能性がありますので、洗剤や重曹、熱湯を上手く利用して対処していきましょう。

そこで今回は洗濯物の臭いの改善方法について、洗剤や重曹、熱湯などのどれが効果的なのか説明していきますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

洗濯物の臭いの原因とは?

洗剤を変えても洗濯物から嫌な臭いがすることはありませんか?

洗濯物の臭いの原因には生乾きも大きく関係していますが、雑菌が付着することで嫌な臭いがするようになります。

洗濯物もタオルの臭いは要注意!

また、タオルは身体や手を拭くため、角質や皮膚膜がタオルの繊維に付着するため、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが発生しやすくなるのです。

そんなタオルなどの洗濯物の臭いには、熱湯で消毒するのが良いと言われていますが、熱湯の他にも洗剤に浸け置きすることでも解消することができます。

知っている人も多いかと思いますが、重曹も洗濯物の臭いに効果があると言われていますが、重曹は洗濯物に雑菌が繁殖した後では効果をあまり実感することができません。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

洗剤と重曹を混ぜると良い!?

上記でも述べていますが、重曹で洗濯物の臭いを取る場合は雑菌が繁殖した後ではあまり効果がありません。

そのため、初期段階のうちであれば、洗剤に柔軟剤を混ぜ、いつも通りに洗濯することで臭いを解消することができます。

洗剤と重曹の併用例

洗剤に重曹を混ぜるときには、小さじ1杯の重曹を入れましょう。

さらに重曹を混ぜた洗剤で洗濯する前に、洗濯物を重曹に浸け置きしておくことで効果がアップします。

また、重曹は100円ショップでも購入することができますので、手軽に洗濯物の臭いを解消することができるので便利です。

さらに重曹は、カビに効果がありますので洗濯槽の掃除にも役立ちます。

洗濯物を熱湯で消毒しよう!

洗濯物の嫌な臭いは、熱湯で消毒すると簡単に消すことができますので、お金もかかりません。

お鍋での熱湯消毒方法

お鍋に熱湯を用意して臭いの気になる洗濯物を入れて約15分程度煮込みます。

このように熱湯消毒をした後には、洗濯機でいつものように洗えば大丈夫です。

しかし、洗濯物を煮込むことに抵抗がある人は、あらかじめ熱湯を用意して浸け置きして熱湯消毒をするのがおすすめです。

熱湯だけで簡単に洗濯物の臭いを解消することができますので、洗濯物の臭いが気になる人は是非試してみて下さい。

酵素系漂白剤で浸け置き!

酵素系漂白剤は、水に溶ける活性酵素ですので、嫌な臭いの原因となる雑菌を除去することができます。

臭いの解消にも効果的ですが、漂白力もありますので、衣類のシミなどの分解にも役立ちます。

液体と粉末は使いやすいほう

この酵素系漂白剤には、液体と粉末タイプがあるので、自分の使いやすいものを購入しましょう。

頑固なタオルの雑菌臭を解消したい場合には、粉末タイプを使用することがおすすめです。

このように洗濯物の臭いには、洗剤に重曹を混ぜたりして、少し工夫すると雑菌臭を抑えることができます。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

適切な数字を入力して下さい。 *

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ