押入れ収納術とは?すのことハンガーを上手く利用して!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 22 秒です。


皆さんは上手く収納ができず、部屋が物で溢れてしまったことはないでしょうか?

いらない物を捨てて部屋の整理をしても、綺麗に収納しなければ見た目も悪く、片付きません。

そんな部屋の整理の中でも押入れを上手く活用することが、収納上手になるためのポイントなのです。

しかし、押入れに綺麗に収納する方法が分からない人も多いかと思いますが、すのことハンガーを上手く利用することで、押入れに綺麗に収納することができるようになります。

そこで今回は、すのことハンガーを使った押入れ収納術をご紹介致しますので、押入れを上手く収納スペースとして利用したい人は是非参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

押入れの収納術が知りたい!

今では自分ですのこなどの材料を利用して、収納道具やインテリアを変えるDIYが流行っていますよね。

しかし、押入れの収納を良くするために、自分でDIYをしようと思ってもやり方が分からない人も多いかと思います。

押入れの収納力を良くするためにも、仕切りの少ない押入れの収納術をご紹介致します。

押入れには布団を入れるイメージが強いかと思いますが、押し入れはおもちゃや、服、本なども収納することができます。

木の板を脚にし、すのこを天板にして乗せると、広い押入れの仕切りを作ることができます。

木の板を置くことで押入れ自体に釘を打ち込まないので、すぐに取り外すことができるので、取外したいときに取り外すことができるのも魅力です。

また、押入れの横幅サイズに合うすのこが無い場合には、自分でカットして使用することがおすすめです。

さらに、すのこの下駄部分を棚受けにすることで押入れに棚を作ることができるので、靴や本の収納に役立ちます。

このように棚を押入れの収納として作るのであれば、押入れの奥を有効活用するのがベストです。

【スポンサーリンク】

押入れの収納にはすのことハンガーがおすすめ!

上記で紹介した収納術のように、すのこは押入れの仕切りにも最適ですが衣類を収納するためにはハンガーが大活躍します

押入れを収納に使用していても、デッドスペースができてしまいますので、デッドスペースを活用するためにも、すのこで奥や横に棚を作ることがおすすめです。

すのこで仕切りを作ることで横にハンガーラックを設置すると片付けで困る衣類もスッキリと収納することができるようになります。

ハンガーラックが無い場合には、突っ張り棒を付けてそこにハンガーで衣類を収納することがおすすめです。

このようにすのこやハンガーを上手く活用することで、広く仕切りの無い押入れも便利な収納スペースに変えることができます。

そのため、押入れの収納が上手く出来ずに困っている人は、すのこやハンガーで自宅の押し入れのDIYをしてみてはいかがでしょうか。

収納が上手くできるようになると、部屋もスッキリとして気持ち良くなるので、押入れ以外のスペースも上手く活用するようにすると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

また、ハンガーなどで綺麗に収納するのも良いですが、収納に頼るだけではなく、いらなくなった物はなるべく捨てるように心がけておくことも大切です。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *