洗濯物の干し方にもう一工夫?tシャツや靴下の場合は?

皆さんは、tシャツや靴下などの洗濯物の干し方をに気にしたことはあるでしょうか?

洗濯物の干し方少し注意するだけで、tシャツや靴下などが長持ちしやすくなります。

tシャツや靴下を間違った洗濯物干し方をしてしまうと、ゴムや襟部分が伸びてしまい、お気に入りの服もすぐにダメになってしまいます。

そのため、tシャツや靴下などの衣類寿命を長持ちさせるためにも、洗濯物の正しい干し方を把握しておきましょう。

そこで今回は、洗濯物の干し方での工夫について詳しく説明していきますので、靴下を長持ちさせたい人は是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

洗濯物の干し方が寿命を決める!?

上記でも述べていますが、洗濯物の干し方ひとつで早く乾くようになり、さらにtシャツや靴下などの衣類が長持ちするようになります。

皆さんは、この間買った靴下のゴム部分がもう伸びてしまったという経験はないでしょうか?

このようにtシャツや靴下などの衣類がすぐにダメになってしまう原因は、洗濯物の干し方にある可能性もありますので、注意しておきましょう。

靴下などのゴムのある衣類は、ゴムが水に弱いため、濡れた状態が続くと伸びてしまいます。

そのため、ゴム部分を早く乾かすように洗濯物を干すことで、靴下なども長持ちするようになるのです。

【スポンサードリンク】

tシャツの干し方はどうしたらいいの?

洗濯物の中でも多いのがtシャツ類ですよね。

tシャツは、洗濯によって型崩れをしやすく、ヨレヨレになりやすいため、洗濯物の干し方にも気を付けておきましょう。

tシャツのシワ伸ばしのポイントとは!

そんなtシャツの干し方は、まず形を整えて全体を軽く叩き、シワを伸ばすのがポイントです。

【スポンサードリンク】

中には洗濯物を振ってシワを伸ばす人もいるかと思いますが、濡れたtシャツは振ると引っ張られてしまい伸びてしまいます

そのため、1度たたんでから、軽く叩いてシワを伸ばすのが最適なのです。

また、天候によっては日差しのきつい日もあるかと思いますが、日差しのきつい日はtシャツを裏返して干すようにしましょう。

さらにハンガーに吊るした後にも形を整えるのがおすすめです。

長袖のtシャツなどの洗濯物は、袖が伸びることもありますので、袖部分を型にかけるように干します。


洗濯物の靴下も干し方には要注意!

上記でも説明したように、靴下などのゴムなどがある洗濯物を干すときにはゴムが傷まないようにするのがコツです。

また、洗濯機で洗濯物を回すときにも靴下を裏返しにすることで傷みにくくなります。

洗濯物の靴下は干し方が要チェック!

靴下などの洗濯物の干し方は、履き口を上にして日陰で干すようにしましょう。

洗濯物を早く乾かすために乾燥機にかける人も多いかと思いますが、乾燥機でも靴下の縮みが起こりますのでなるべく使用は控えることがベストです。

さらに靴下をしまうときに、履き口をくるっとまとめるとゴムが伸びやすくなるため、おすすめできません。

靴下がバラバラになって見付けにくいという人には、仕切りボックスなどを上手に使用して、靴下を収納すると良いでしょう。

このように洗濯物の干し方によって、衣類の持ちも変わってきます。

今まで間違った干し方をしていた人も、次から洗濯物を干す際に注意をしながら干してみましょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ