食パンの冷凍は賞味期限に注意?解凍方法はレンジ?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 28 秒です。

bread_syokupan

朝食としても手軽に食べることのできる食パンは美味しく人気の商品ですよね。

この食パンは常温で保存しておくことができますが、賞味期限が短く安く売っている日などに多く買ってしまっても食べ切れず困ってしまうこともあります。

長期保存をする場合には、食パンを冷凍保存して賞味期限を延ばすことができおすすめです。

ですが食パンなどを冷凍したら、解凍した際に硬くなってパサパサになったりすることが心配になります。

上手く解凍をするコツなどを詳しく説明していきますので、パンなどまとめ買いすることが多い人は参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

食パンの冷凍した場合の賞味期限は?

食パンを長期保存するために冷凍保存をしたら、約2週間~1ケ月程度保存しておくことができます。

目安として2週間以内に食べ切るようにすることがおすすめです。

冷凍焼けで硬くなることを防止するために1枚ずつラップで包みジップロックなどに入れ空気を抜いて冷凍してあげましょう。

そのまま冷凍できますが冷凍焼けに気をつけておく必要があります。

常温保存をする場合は、湿気が少なく直射日光の当らない場所に置いておきましょう。

【スポンサードリンク】

食パンはニオイを吸収するのでニオイの強いものなどの近くには置かないようにすることが重要です。

【スポンサードリンク】

解凍方法が知りたい!

冷凍した食パンを解凍する時は、解凍する食パンに霧吹きで水を軽くかけトーストしてあげるとパサつかず、ふんわりと温めることができます。

菓子パンを解凍してあげるときも軽くトーストで温めてあげることがおすすめです。

こげそうな場合はアルミホイルなどを被せてあげると焦げにくくなります。

卵サンドイッチにして冷凍しておくと自然解凍で美味しく食べることができ便利です。

サンドイッチを冷凍しておくときには生野菜は水分が多いので使用することはやめておきましょう。

またパンにマーガリンを塗っておいてあげることでパンが水分を吸いこみにくくなる効果がります。

余った食パンを使ってサンドイッチなどにして冷凍保存してあげるだけで自然解凍で手軽に食べられるので、ぜひ試してみて下さい。

食パンは腐ったらどうなるの?

食パンは賞味期限が短くカビやすいので湿気が多い場所に保管しておくことはやめましょう。

食パンに異臭やカビカチカチになっているときには食べることは避けておく必要があります。

この食パンに発生するカビは白カビなども多く見にくいので、何日か放置していて心配なときには注意しておきましょう。

また食パンが糸を引いているのは、ロープ菌が混入し腐ってきている合図です。

このように上記でも説明してきましたが、食パンはカビや乾燥に弱く硬くなったりするので保存方法が大切になってきます。

冷凍保存をするときには、冷凍焼けに注意することで食パンの美味しさをそのままに保存をしておくことができます。

賞味期限が過ぎている場合でも、カビなどが発生していなければ食べることができます。

ですが食パン本来の美味しさは軽減しています。

【スポンサードリンク】

賞味期限が過ぎないように食べ切ることが1番大切ですので、どうしても食べ切れない場合に試してみることがおすすめです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *