体内時計はリセットされる!25時間や徹夜が関係?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 26 秒です。


仕事や勉強で徹夜をすると、生活リズムが乱れて辛い思いをした経験はないでしょうか?

徹夜をすると体内時計が大きく関係しており、体内時計が狂ってしまうことによって生活リズムが乱れてしまいます。

このように徹夜によって体内時計が狂うと、朝起きるときも辛くなるかと思います。

しかし、体内時計をリセットするための方法が分からない人もいますよね。

体内時計は1日25時間がワンサイクルとなっており、体内時計がサイクルすることによって生活リズムを作っています。

そんな体内時計は25時間で回り、朝の太陽の光を浴びることが体内時計をリセットする重要なポイントとなっています。

【スポンサードリンク】

体内時計は25時間がカギ?

上記で軽く説明しましたが、体内時計は1日25時間として回っています。

しかし、仕事で夜勤の人や勉強で徹夜をすると、夜眠ることができないため、25時間をサイクルとして回っている体内時計が乱れてしまいます。

その他にも寝る前にスマホやパソコンを使用し、ブルーライトを浴びることによって、神経が興奮するため眠れなくなり、体内時計が狂うのです。

また、休日になると昼寝をする人も多いかと思いますが、体内時計の25時間サイクルでは朝の太陽を浴びて夜暗いときに眠るようにプログラムされているため、昼寝をすることでも体内時計が狂うことがあります。

【スポンサードリンク】

このように徹夜などが原因で体内時計の25時間のサイクルが乱れてしまうと、時差ボケをしている状態になるのでいつも眠っている時間に寝ることができなくなります。

徹夜などが続き体内時計が乱れたままになると、ひどい場合には不眠症になってしまうケースもあるため注意が必要です。

体内時計の25時間のサイクルを正常化するためには、仕事の場合は仕方ありませんが、その他の日に朝起きて日の光を浴び、体内時計をリセットする必要があります。

【スポンサードリンク】

体内時計をリセットする方法とは?

徹夜などで体内時計の25時間のサイクルが乱れてしまった場合は、早めに体内時計をリセットし、対処することが重要です。

体内時計をリセットするためには、まず決まった時間に起きるようにしましょう。

体内時計の25時間のサイクルが乱れると、朝起きるのが辛くなるかと思いますが、朝の太陽の光を浴びることで目覚めも良くなります。

太陽の光を浴びるのは体内時計をリセットするために、最も効果的だと言われており、カーテンを開けて日差しを浴びる程度で大丈夫です。

このように徹夜明けの日には朝から太陽の光を浴びるようにし、通勤にバスを使用している人であれば、窓際に座わるのも体内時計をリセットするために最適です。

体内時計の乱れをそのままにすると…

徹夜をして体内時計が乱れてしまうと、布団に入っても眠ることができなくなり、不眠症になってしまうことがあります。

このような不眠症を解消するためには、体内時計をリセットして整えることが重要なポイントなのです。

その他にも生活習慣病になりやすくなり、代謝が低下し太りやすい体質になってしまいます。

【スポンサードリンク】

よって徹夜などによって体内時計が乱れてしまっている人は、早めに体内時計をリセットして改善するようにしましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *