破棄と廃棄の違いは?意味をそれぞれわかりやすく紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 39 秒です。

皆さんの中にも「破棄」と「廃棄」の違いを知らない人がいらっしゃるかと思います。

この破棄と廃棄の読み方は、破棄(はき)と廃棄(はいき)になります。

破棄と廃棄は、読み方からして似ているイメージがありますが、この2つの言葉の意味には違いがあります。

知らないうちに同じ意味として、破棄と廃棄を使用している人もいます。

違う意味で理解していると、いらない物を処分する際に間違った処分方法をしてしまうこともありますので注意が必要です。

そこで今回は、破棄と廃棄の違いや意味について徹底解説しますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

破棄と廃棄の違いとは?

破棄と廃棄に共通しているのは、「捨てる」という意味では共通している部分もあります。

破棄は、契約を破棄するなどといった場合に使用する言葉になります。

そして廃棄の場合は、いらなくなった不要な物を捨てるときに使用する言葉です。

よって、破棄を廃棄に置き換えて使用すると不自然な意味となってしまうため、破棄と廃棄の違いに注意しておきましょう。

「書類を破棄する」と「書類を廃棄する」では、意味に違いがあるため、「素類を破り捨てる」と「不要な書類を捨てる」という違いがあります。

そのため、破棄と廃棄の違いを理解した上で、正しい使い方をするのが大切なポイントです。

【スポンサーリンク】

破棄と廃棄の意味を紹介!

上記の通り、破棄と廃棄は意味に違いがあり、破棄は「破って捨てる、契約を取り消す」という意味があります。

廃棄は、「不要にする、捨て去る」という意味なので、似ている言葉でも意味に違いがあるため、両方を同じ意味として理解していると相手に間違った意味を伝えてしまうこともありますので注意しておきましょう。

また、廃棄という言葉は、ほとんどの人が廃棄物として使っていることが多いのが特徴です。

そこでも破棄と廃棄の違いがあり、破棄の場合は原型なく処分し、廃棄の場合は原型をとどめた状態で処分するという意味になります。

破棄と廃棄以外にも、「放棄」と言う言葉があり、放棄は、投げ捨るという意味になり、「責任を放棄する」などの使い方をします。

放棄も破棄と廃棄に似ていますが、意味に違いがありますので、破棄と廃棄を使うときには意味を理解した上で正しいタイミングで使うようにしましょう。

まとめ

これまで破棄と廃棄の意味の違いについて説明してきましたが、普段気にして使うことのない言葉でも意味が違っていることもありますので、意味のはっきりしていない言葉は事前に調べるのがおすすめです。

ビジネスで破棄と廃棄を使用する場合、間違った使い方をしてしまうと、相手が違う意味で理解してしまいます。

そういった失敗を起こさないためにも、言葉の意味を理解することは大切になります。

ゴミを捨てる場合には、破棄や廃棄の意味を両方捨てる意味だと勘違いしていると、捨て方が違ってしまい回収されないこともあるので気を付けておきましょう。

簡単に、破棄と廃棄の違いを覚えるためには、原型の分からないものが破棄で原型があるが廃棄と覚えるのが最適です。

一度理解することができれば、意味の違いを理解して使い分けることができますので、意味を知らない人がいる場合は正しい意味を教えてあげましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役にたてれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *