車ローンの審査は基準を把握!落ちた理由を把握しよう!

car_suv
これから車ローンをしようとしている方は、車ローンの審査基準が気になるところですよね。

残念なことに審査に落ちてしまい車ローンが組めなかったりするケースも少なくありません。

1つの審査に落ちてしまったからといって、その他の金融機関に申し込んだりすることは良くなく、気をつけるべきポイントです。

自動車ローンなどを申請した履歴は残っているので短期間で申し込んでいる場合や複数の機関で審査に落ちているなどの場合、返済できるかの心配があり落とされてしまうことが多いようです。

このように審査に落ちてしまう理由や車ローンの審査基準についてネット上で詳しく調べまとめてみましたので、これから車の購入をローンで考えている方は参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

車ローンの審査基準とは

ローンなどの審査では、何を審査の基準として見ているのでしょうか。

・保証人がいない場合

このような車ローンなどの審査の場合、保証人を求められることが多く保証人がいないと厳しくなってしまいます。

・収入が安定していない

アルバイトなどは正社員に比べると収入が安定していない為、落ちてしまうこともあります。

・希望する金額が高い場合

年収に対して希望している金額が高いと返済の心配がでてくるため厳しくなります。

・勤務年数

今働いている職場での勤務してからの勤務数などもチェックされ、1年以内の場合は評価が厳しいです。

3年以上勤務している場合は基本的に大丈夫です。

【スポンサードリンク】

・信用情報

信用情報は、必ず調査されるもので過去のローンや現在しているローンなど、クレジットカードなどの情報のことです。

過去の車ローンや携帯料金の支払いが遅れていたりするのも影響されます。

【スポンサードリンク】

落ちてしまう理由を把握しよう

上記の審査基準でもあるように、多くの方が他の車ローンがある、過去の返済がおくれている、複数に同時に申し込んでしまったなどが落ちてしまう理由で多くなっています。

信用情報での過去の記録でずっと車ローンができないわけではありません。

記録されたものは、5~10年ほどで消えて、情報も更新されていきます。

ご自身の記録が気になる方は調べることなどもできるので、車ローンなどのときにはチェックしておくと良いです。

信用情報などは記録されると長い間残ってしまいますので、車ローン以外でも金融機関をご利用するときは、返済可能な金額を把握しきちんと返済できるようにしておくことが大切です。

気をつけておくべきポイントは?

一番気をつけておくべきポイントは、短期間での複数の申込みをすることです。

なぜなら、その他のところの3社以上申し込んだりしていると、今後のローンなどの審査がより厳しくなってしまいます。

そういった申込みの履歴はきちんと残り、その後の審査で何らかの問題があると判断されてしまうのです。

次の申込みをする場合、約半年ほどあけることがおすすめですがどうしてもという場合は半年以内に2社程度にしておきましょう。

上記で述べてきたとおり、金融機関などからお金を借りるときは、信用が大切となってきます。

【スポンサードリンク】

よって自動車ローンに申し込みを行う際には審査基準など調べて、スムーズに審査に通るかの確認をしておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ