クレジットカード解約方法のデメリット!タイミングは?

creditcard_black
今では多くの方たちが利用しているクレジットカードですが、クレジットカードの解約方法はご存知でしょうか。

他のカードと違いクレジットカードはお金が関係してくるので、信用情報などに記録されないかなどのデメリットの心配がある方もいらっしゃるかと思います。

年会費のあるクレジットカードならば、解約するタイミングとして年会費の月の直前に解約することがおすすめです。

いつ解約するのかなどのタイミングも分からないことも多く、解約方法、解約時のデメリットを調べてまとめてもましたので、クレジットカードを利用している方は今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

クレジットカード解約方法でのデメリットは?

解約方法としては、クレジットカードの裏に記載されている番号に電話をするだけですが、初めてのことだと、解約するときにデメリットはあるのかなど気になってくるかと思います。

一番は信用情報に傷がついてしまわないか考えてしまいますが、クレジットカードなどの解約は記録されますがほとんど影響はありません。

ただし、短期間による複数の解約などはカード会社などからみると特典目当てや利用する気がないと判断されることがありますので、複数枚解約したいときには半年間あけましょう。

しかし基本的にはカードを解約するだけで悪影響がでることは、ほとんどないのです。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

解約するタイミングは大事なの?

年会費のあるクレジットカードの解約の場合、上記でも述べましたが年会費を支払う前の月に解約しましょう。

発行月を越して解約する無駄に年会費も引き落とされてしまうともったいないので、その点も気を付けておくことが重要です。

その他に新しいクレジットカードに変える場合は、新しいカードが発行できてから古いほうのカードを解約しましょう。

クレジットカードを愛用している方だと先に解約してしまうと困ってしまうこともあるので、新しいカードが来るまで前のカードを利用し、新しいカードが届き次第そちらに切り替えて使わなくなった古いカードを解約するようです。

このように解約するタイミングとしては、人それぞれとなってきますが基本的には年会費のかかる前の月に解約することが大切になってきます。

クレジットカードの処分方法は?

クレジットカードなどをそのままゴミ箱に捨ててしまうのは、怖いと思う方や処分する方法の分からない方は下記の方法を参考にしてみてください。

解約が終わったクレジットカードははさみなどで切って処分をしてください。

はさみで切る際は必ず磁気ストライプをはさみの先端でこすって傷をつけてから、ICチップの金属部分金属部分を切りましょう。

ただ切っただけでは復元などができてしまいますので、注意しておきましょう。

1番安全で復元などもできない処分方法としては、シュレッダーでやることですがシュレッダーは家にないこともあるので家にあるはさみで処分しましょう。

【スポンサードリンク】

クレジットカードの処分方法や解約するタイミングなどは、意外と知らないこともあるかと思いますので事前に調べてから行うことをおすすめします。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

適切な数字を入力して下さい。 *

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ