洗濯ネットの簡単収納術!100均と特大で完璧かも?

sentaku_net

洗濯する際、衣類に毛玉などができないよう洗濯ネットは欠かせない便利アイテムです。

洗濯ネットは小さいものから特大のものまで洗濯する衣類によって大きさも使い分けますよね。

今では100均で手軽に購入することもでき気付くと洗濯ネットが増え、収納はどうすればいいのか悩むことが多くなることもあるかと思います。

できれば洗濯機の近くに収納しておくと洗濯の際に取り出しやすく便利です。

100均のアイテムを使用することで手軽におしゃれな収納をすることもでき、そのうえ洗濯ネットの特大のものを使うことでも簡単に収納することができます。

洗濯ネットの収納で困っている方などは参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

洗濯ネットの簡単収納術!

使用する洗濯ネットの種類が多くなってくると収納に悩んでしまいますよね。

洗濯機付近に収納スペースがなかったり、綺麗に収納したはずなのにすぐにぐちゃぐちゃになってしまうケースがよくあります。

このようになってしまわないようにも簡単にできる収納方法をご紹介します。

・特大洗濯ネット

大きい洗濯ネットをマグネットなどで洗濯機の横などに張り付けて、その中に残りの洗濯ネットを収納しましょう。

洗濯ネットを横に張り付けるだけなので、スペースもとらず多少湿ったりしたまま入れても乾燥するのでおすすめです。

・フック

横にフックを付けてあげたり、フックは色々なところにかけることも付けることもでき便利です。

ひっかけ用のループが付いているものならば、そのままひっかけるだけで濡れていても乾くので便利です。

・バスケット

バスケットなどの入れ物を使用して置いておくことでインテリアにもなり、おしゃれに見えます。

底の深いものにすれば中身も見えませんのでおすすめです。

このように入れ物に入れる場合は、洗濯ネットは意外に大きいものもあり、場所をとりまので小さく畳んであげましょう。

湿ったままカゴなどに収納することは、通気性の悪いところではカビなどの原因になりますので気をつけておくことが大切です。

【スポンサードリンク】

100均のアイテムで完璧?

上記の収納方法も100均にあるアイテムで簡単にできます。

100均にはさまざまな収納アイテムとして使えるものがたくさんあります。

また組み合わせて使うことでインテリアとしても、おしゃれに活用することができます。

カラーなども揃えてあげることで統一感もでて、綺麗に収納をしてあげることで洗濯機周りも清潔に見えます。

よって洗濯ネットを収納する際には、100均で収納するためのアイテムを探すことがおすすめです

洗濯ネットの基礎知識

「洗濯ネットにそのまま入れておけば大丈夫」ということではなく、ビーズやボタンなどの付いている衣類をネットに入れる場合には裏返して入れてあげることで色あせや装飾がとれるのを抑えることができます。

ストッキングなどの破れやすいものも洗濯ネットにいれてあげることで、洗濯時に伝線してしまう心配が無くなります。

このように洗濯するもので洗濯ネット使い道はたくさんあり、種類も多くあるので洗濯するものによって上手に使い分けることで、衣類の傷みの防止をすることができます。

【スポンサードリンク】

洗濯には上手に活用し、使用後は収納できるスペースを確保しておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ