足湯の効果的な時間は?自律神経や癌対策はどうなの?

皆さんは、足湯には自律神経に効果があることをご存知でしょうか?

足湯は足のくるぶしの上までをお湯に浸けて温まるというものですが、足湯にはさまざまな効果を期待することができます。

さらに足湯は足をお湯に浸けるだけなので、体力を消耗することなく老廃物代謝の促進や癌の予防までできると言われています。

しかし、足湯は何時間行えば自律神経や癌予防などの効果を得ることができるのか疑問に思いますよね。

そこで今回は、足湯の効果的な時間や自律神経などの対策になるのか詳しく説明していきますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

足湯の効果を得る時間は?

自律神経や不妊、冷え性などさまざまな効果のある足湯ですが、効果を得るためには何時間足湯をすればいいのでしょうか。

適当にしていれば効果を得ることができると思っている人も多いかと思いますが、足湯の効果を最大限にする時間があります。

そのため、効果を得るために最適な時間行うのがベストです。

自律神経や冷え性に効果を得るためには、10~15分を目安に足湯に浸かるのがおすすめです。

また、自宅で足湯を行う場合には42℃前後の温度に設定すると良いでしょう。

足湯をする時間にも少し注意するだけで、効果は変わってきますので、最低でも10分は浸かるようにすると代謝も上がります。

【スポンサードリンク】

足湯は自律神経にも効果的!

上記でも述べていますが、足湯には自律神経を整える効果があります。

秋や冬には自律神経を整えるために就寝前に足湯を行うのが良いと言われており、春や夏の場合には起床後に行うのがおすすめです。

また、足湯後にはコップ半分の常温の水を摂取するようにしましょう。

そうすることで自律神経が整い、ホルモンバランスの乱れも改善されますので、不妊改善にも繋がるのです。

よって、自律神経の乱れで体調不良が続く人は、足湯を定期的に行うことで自律神経を整えることができるようになります。

癌の予防にも足湯がおすすめ!

癌の治療では、免疫力を高めることが重要です。

そんな免疫力を高めるために効果があるのが足湯ですが、全身浴と同じ効果を得ることができるため、体力の少ない高齢者の人の癌治療にも足湯はおすすめされています。

癌予防には身体を冷やさないことが大切ですが、体力が弱っているときに全身浴をすると心臓の負担にもなりますが、足湯であれば長時間温まることができ、身体に負担を与えることなく、癌予防をすることができます。

足先を温めて冷え性改善

さらに足先を温めることで冷え性を改善することができ、血液循環も良くなり、免疫細胞が全身に回り、癌予防に繋がります。

このように足湯で免疫力をアップさせ、癌を予防するためには、足湯の時間も15分を目安に行うようにしましょう。

心臓から1番離れている足は冷えやすいため、時間をかけてしっかり温めるのがポイントです。

そのため、気軽に行える癌予防方法をお探しの人は、自宅でも簡単に行うことのできる足湯を始めてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ