口臭の対策を知るべき!原因は胃?食べ物から見直すべき?

kousyu

口臭、ワキガ、足の臭い、加齢臭…。

中年男性の悪臭四天王。

前回は、足の臭いを取り上げたので今日のテーマは、口臭の原因と対策についてです。

口臭の原因は主に2つあるのは、みなさん御存知ですよね。

口腔内(歯)に原因がある場合と、胃や腸に原因がある場合の2つの原因です。

片方だけが原因の方や、両方に原因のある方、『私は、口臭で悩んでいない。』という、もしかしたら自分だけが、自分の口臭に気づいていないだけかもしれないパターンまで…。

胃や腸に原因があると自覚している方は、食べ物から生活習慣を見直してみませんか?

それでは、口臭の原因と対策、胃や腸が原因の場合は食べ物から見直してください!ということについて、解説して行こうと思います。

【スポンサードリンク】

口臭の原因

口臭の原因を挙げてみると…、

・風邪気味で、体調が悪い。

・にんにく、ニラ、ネギ、らっきょう、キムチなど、口臭の原因となる食べ物が好き。

・自分の口臭に気づいていないので、何も処置していない。

・ドライマウス(口腔内が乾いている。)

・お酒をよく飲む。

・ヘビースモーカー。

・コーヒーをよく飲む。

・貧血気味。

口臭は、誰にでもあるものです。

朝起きたとき、緊張したりストレスがかかったとき、ホルモンバランスが乱れたとき、空腹のときなどは、多少の口臭は、気にしなくても大丈夫です。

【スポンサードリンク】

内臓が悪いのか、歯が悪いのか。

あなたの口臭は、どんな臭いがしますか?

【スポンサードリンク】

今までと違う口臭の臭いを感じたことはありませんか?

逆に、歯周病菌から、内臓が悪くなることもありますので、歯周病は放置してはダメです。

【内臓が悪い】

・胃が悪いときは、ゆで卵が腐ったような臭い。

・腸が悪いときは、オナラの臭い。

・腎臓が悪いときは、オシッコの臭い。

・肝臓が悪いときは、玉ねぎが腐ったような臭い。

・肺や食道が悪いときは、生ゴミの臭い。

・糖尿病のときは、果物が腐ったような甘酸っぱい臭い。

・鼻が悪いときは、自分の口臭の臭さに鼻が鈍感になっている場合があります。

【歯が悪い】

・歯周病のときは、排水口やドブ川の臭い。

・虫歯のときは、チーズが腐ったような臭い。

・舌苔(舌が白い)のときは、納豆の臭い。

これは、あくまでも目安です。

定期的に歯科医院に通院しているのに、口臭が治らない方は、人間ドックなどの検査を受けることをオススメします。

口臭を改善してくれる食べ物

・りんご(天然の歯ブラシと言われている。)

・キウイ、パパイヤ、パイナップル(舌苔を取ってくれる。)

・緑茶(茶カテキン)

・無糖ヨーグルト(乳酸菌)

・レモン、梅干(唾液分泌)

・生野菜(食物繊維、酵素)

・パセリ、しそ、ほうれん草(クロロフィルで殺菌・消臭)

・柿(柿タンニンで殺菌・消臭)

ヨーロッパのことわざで、『りんごが赤くなると医者が青くなる。』『1日1個のりんごで医者いらず』という言葉が昔からある通り、りんごがオススメです。

最後に、ひとくちメモ。

筆者は毎月、歯科医院に通院して、歯間や歯の表面のクリーニングを受けています。

【スポンサードリンク】

1回1300円ぐらい、年間合計でも1万5千円ぐらいで出来ます。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ