素振りは筋トレに意味あるの?ダイエット効果への期待は?

最近では多くの筋トレ方法ダイエット方法が紹介されていますよね。

自分に合う方法で筋トレやダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか?

その中で今回は素振りに注目してみました。

「素振りって筋トレに意味がないの?」「素振りでダイエット効果を期待してるんだけど」という方のために素振りは筋トレに意味があるのか、ダイエット効果はあるのかを調べてみました。

【スポンサードリンク】

素振りは筋トレ?ダイエット?どちらも意味や効果はあるの?

素振りの動きでは、腰回りや腕の筋肉をよく使うので筋トレやダイエットにも効果がありそうだと思いませんか?

しかし、実際に意味があるのかはとても気になるところですよね。

初めに素振りは筋トレの意味やダイエットの効果があるのか調べてみました。

まずは、素振りが筋トレになるかといえば答えは「意味はない」ということです。

そもそも素振りはフォームの確認をする目的でするので、筋肉がつくトレーニングではありません。

思いっきり腕や腰を動かしていても筋トレとしての意味はほとんどない動きになります。

次に、ダイエットの効果を見てみるとこちらの答えは「効果はある」ということです。

素振りは何度も腰やお腹をひねる動作をするので、脂肪が燃焼されるのは分かりますよね。

では素振りが筋トレにあまり意味がないことやダイエットの効果がどの程度なのかを詳しくみてみましょう。

【スポンサードリンク】

素振りが筋トレには意味がないのはなぜ?腕の筋肉への効果は?

素振りで思いっきり腕や体を使ってひねっても筋肉を鍛える筋トレとしての意味や効果があまり得られないのはなぜでしょうか。

【スポンサードリンク】

素振りでフルスイングすれば、体の筋肉を思いっきり使いそうなイメージですが素振りの体を大きくひねる動作は筋肉を鍛える動きとしてはあまり意味がないんです。

つまり、筋トレ効果を期待するのなら素振りより腹筋や腕立て伏せなどの筋トレをする方がよほど意味があります。

ただ素振りをすれば筋肉痛になることもあるということは、少なからず筋肉に影響があることは事実です。

それでも素振りは筋トレとして意味がないと言われる理由は「筋トレとして適している動作ではない」からです。

素振りも、筋トレの腹筋や腕立て伏せのように同じ動きの繰り返しではありますが、利き手がメインの動作になります。

そのため、バランスの良い筋トレにはならないということです。

素振りでのダイエット効果は、筋トレのように意味がないの?

素振りではお腹や腰回りを思いっきりひねるので脂肪を燃焼させる効果があると言われています。

また、腕も大きく振るので二の腕や背中の脂肪も燃焼する効果もあるようです。

つまり素振りはダイエットとして意味がある運動だということになります。

しかし意味はあってもダイエット効果が高いかと言えばそうとはかぎりません。

単純な動きで簡単にダイエットができそうに感じるかもしれませんが、体の左右の脂肪をバランスよく燃焼するには利き手ではない方の素振りも必要ですし、思いっきりスイングするにはかなり体力も使います。

素振りなら簡単だと思っていても、続けるにはかなりの努力が必要です。

それに、ダイエット効果は食生活なども改善しないと意味がありません。

その為、素振りだけで得られるダイエット効果は低いと言われているのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ