ピーナッツバターは太る?栄養とカロリー摂取のダイエット?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 37 秒です。

peanut_butter

ピーナッツバターは落花生が原料なので、太りやすくて健康に悪そうだけど本当におすすめできるの?と感じた人は少なくないでしょう。

しかしピーナッツバターは近年において、注目度が高くおすすめできるものにまで成長しています。

ピーナッツバターは栄養素が豊富に含まれており、その点においてもおすすめできます。

しかし冒頭で述べた、ピーナッツバター=太りやすそうなイメージは本当なのでしょうか?

ピーナッツバターは大さじ1杯あたりおよそ65kcal含まれているので、確かに高カロリーとなっています。

しかしこれがなんと、ダイエットに最適と現在ハリウッド女優などの間でも利用されている程、話題のダイエット法になっています。

これはピーナッツバターの栄養価とカロリーが高いことによって、少量で満腹感を得られることが実際に検証結果として判明したからなのです。

ピーナッツバターがどうしておすすめでき、逆にカロリーを摂取することによってダイエットに効果を成すのか、詳しい仕組みをいまから説明していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

●ピーナッツバターの豊富な栄養素

ピーナッツバターには実際にどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

たんぱく質、ビタミンB1、B2、B3、E、食物繊維、糖質、カリウム、カルシウム、マグネシウム、葉酸など

メインの栄養素だけでこれだけ多いので、ピーナッツバターの栄養価の高さは計り知れないものだということが分かりますよね。

【スポンサーリンク】

●ピーナッツバターはダイエットに最適!

ピーナッツバターがダイエットに良い役割を担ってくれるワケはたくさん存在します。

1. 間食が減る

ここの冒頭でも述べたようにピーナッツバターは腹もちがよく、満腹感が長く続くため、ダイエットにおいて厄介となる間食の回数も減るのです。

2. 植物性の脂肪

ピーナッツに含まれる脂質は植物性のため、肥満を抑制してくれるのです。

これによって悪玉コレステロールや中性脂肪を減少する効果があるので、ダイエットのみならず生活習慣病動脈硬化の改善・予防にまで役立つのです。

3. 便秘解消

ピーナッツに含まれるオレイン酸は、腸内環境を良くしてくれることによって解消効果も得られるので、便秘気味の方にもおすすめです。

このようにピーナッツバターの栄養素は、ダイエットにおいての役割をひとつひとつ補ってくれているのが分かります。



●ピーナッツクリームダイエットにおいての注意点

ピーナッツバターを摂取することによって、ダイエットができるということは分かっていただけたと思いますが、摂りすぎはもちろん逆効果になってしまいます。

ピーナッツバターは個人差もありますが、大体1日中腹もちが効くので、朝のトーストなどに塗って食べる程度がちょうど良いでしょう

さらに、ピーナッツ成分ならなんでも良いわけではありません。

油で炒めて酸化しているものは、ニキビをつくりやすくし、逆に太りやすいので注意して下さい。

ピーナッツバターはダイエットのみならず、美容効果、糖尿病予防、便秘解消、冷え症予防、ボケ防止、貧血予防、肩こり改善、しみ予防などまだまだ女性にとって嬉しい効果がたくさん存在します。

【スポンサーリンク】

よってそれらの注意点を守って利用してもらえれば、良い結果を出してくれること間違いありません!

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *