まぶたがピクピク痙攣する人必見!原因と治し方を教えます!

dry_eye
普段の生活で何気ないときに、突然まぶたがピクピク痙攣することはありませんか?

痛みはなくても、まぶたがピクピク痙攣すると、すごく気になって困りますよね。

そしてそれは人によって起こる頻度も変わってくるため、なにが原因で自分のまぶたにこんな症状が起こってしまうのだろうと不安になってしまうことも珍しくありません。

まぶたの痙攣の原因を知っておくと、治し方も明確になるため自分に考えられる原因を理解しておくことで早めの改善に期待できるのです。

しかしこの症状はしばらくすると、無くなる場合が多いため放置される方が大半ですが、一日に何度もある方はひどい場合、病気の可能性も考えられるため、毎日数回見られる場合は病院での受診をオススメします。

よってこれからまぶたが痙攣する原因と治し方について説明していくので、対策として是非ここで知識として頭にいれておくと良いでしょう。

【スポンサードリンク】

●日常生活の原因

まぶたのピクピクする痙攣は、大半が目と体の疲労の合図です。

例えば…

・スマホを一日中いじっている

・睡眠時間が不足している

・精神的なストレスを抱えている


・家事や仕事による疲労が取れていない


・テレビやネットで目を休める暇を与えていない

などの原因が考えられます。

近年においては、スマホやネットが当たり前の時代になっているので、ネット依存や中毒になっている人も多く、頻度も上がっているようです。

【スポンサードリンク】

●まぶたの痙攣繋がる病気

習慣のようにまぶたの痙攣が続く場合は、以下のような病気も考えられます。

1. 顔面ミオキミア

この病気は下のまぶたが痙攣することが多く、一時的に発症することもあり、睡眠時間の不足や精神的ストレスなどの疲れによって起こる病気です。

2. 脳の病気

脳腫瘍などのように、脳が何らかのダメージによってまぶたが痙攣する場合があります。

3. 眼けん痙攣

ドライアイや光に目が弱くなり、眩しさを強く感じるようになる病気で、その症状の一つにまぶたの痙攣があります。

しかしこの病気の原因は解明されておらず、治療法も詳しくわかっていないため、症状が悪化することが多いため注意が必要です。

この病気の特徴は両まぶたが同時に痙攣し、ひどい場合はまぶたが開かなくなるため、心当たりのある方はすぐに病院で検査されることをオススメします。

●まぶたの痙攣を止める方法

治し方は原因によって変わってきますが、以下の方法によってほとんどの場合は改善されるので、試してみると良いでしょう。

・テレビ、スマホ、ネットを長時間利用する場合は、時間を頻繁において目を休ませる


・血流をよくするために、温かいタオルや市販のアイマスクを利用する

・睡眠時間を増やして、体を少しでもリラックスさせる

・痙攣しなくても目の疲れを感じたら、遠くの景色を見て、目の働きを休ませる


・ゆっくり瞬きをして、意識的に瞬きの回数を増やす

・目薬をさして、ドライアイを防ぐ

・目に働きかけるアントシアニンの成分を含む、食品(ブルーベリーやハスカップなど)を体内に摂り入れる

これ以外にも、まぶたのマッサージなどの治療法がありますが、まぶたの皮膚はとても薄く、強い刺激を与えてしまうことがあるため、一般の方にはオススメできません。

【スポンサードリンク】

上記で挙げた方法を試すことによって、まぶたの痙攣の大半は治せるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ