ヒョウモンダコは食べるもの?飼育可能?生息地はどこ?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 25 秒です。

最近は温暖化が進み、温暖な海を生息地としているヒョウモンダコの生息地も広がってきています。

皆さんの中にはヒョウモンダコを知らない人も多いかと思いますが、ヒョウモンダコは体長が約10cmの小さなタコのことです。

ヒョウモンダコは普通のタコのように身体の色を変えることもでき、外部からの刺激を受けると青い模様が出て、ヒョウ柄に見えることからヒョウモンダコと呼ばれるようになりました。

そんなヒョウモンダコは小さく可愛らしいため、飼育したいと思う人も少なくありません。

しかし、ヒョウモンダコの生息地や飼育可能かなど、その他にも食べることは可能なのか疑問も多いですよね。

そこで今回は、ヒョウモンダコを食べることや飼育は可能なのか、詳しく説明していきます。

【スポンサードリンク】

ヒョウモンダコは食べることができる?

生息地が広がっているヒョウモンダコは目撃されることが多くなり、小さく刺激を受けるとヒョウ柄の模様の出るタコですが、食べることはできるのか疑問に思う人も多いかと思います。

しかし、ヒョウモンダコの唾液にはテトロドトキシンという毒があり、毒のある部分を取り除かずに食べると呼吸困難などを引き起こし、最悪の場合には死亡してしまうこともあるのです。

そのためフグのように毒性のある部分を取り除くことで食べることは可能ですが、味は普通のタコと変わらないと言われています。

【スポンサードリンク】

毒を綺麗に取り除かないと、呼吸困難や神経麻痺などが起こるため、危険をおかして食べる必要はないかと思います。

よって、ヒョウモンダコは食べることはできますが、毒性部分を綺麗に取り除く必要がありますので、食べる際には注意しておきましょう。

しかし、毒性のある部分を綺麗に取り除く自信がない人には、ヒョウモンダコを食べることはおすすめしません。

【スポンサードリンク】

ヒョウモンダコの生息地はどこ?飼育は可能?

猛毒を持っているヒョウモンダコは、温暖な海を生息地としており、温暖化が進んでいることによって日本各地で目撃されています。

このヒョウモンダコの毒には解毒剤がないため、海水浴をする夏場にはヒョウモンダコの生息する海には注意しておきましょう。

ヒョウモンダコは亜熱帯や熱帯の海が生息地となってしますが、今では生息地が北上しているため、日本各地の海などで目撃されているのです。

また、ヒョウモンダコは海水魚を販売しているショップであれば、販売されていることもありますが、自宅で飼育するは大丈夫ですが、噛まれてしまうと死ぬ可能性もあるため飼育には注意が必要です。

そのため、小さなお子さんのいる家庭で飼育するのは、子供が触ってしまう危険性があるため、おすすめできません。

見た目は可愛らしいですが、飼育する際にも手に持つと高確率で噛まれますので、飼育する際にはなるべく触らないようにしましょう。

このようにヒョウモンダコは、危険性が高いため、ヒョウモンダコの生息地である、沖縄や九州で海水浴をする際にはヒョウモンダコに噛まれないように気を付けておくと良いでしょう。

【スポンサードリンク】

上記で述べたようにヒョウモンダコの生息地は、北上しているため日本各地の海で目撃することがあるかもしれません。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *