クエン酸の掃除は風呂に最適!水垢が一瞬で消える?


souji_kuensan

お風呂場の掃除は頻繁に行っているのに、なかなか水垢をスッキリ掃除することができない!とお困りの方はいませんか?

お風呂場は湿気やすく、掃除をしていても水垢がつきやすい場所になっています。

しかしそんな頑固な水垢は、クエン酸が驚くほど効果的なのはみなさんご存知でしょうか?

水垢は、水道水に含まれるカリウムやミネラルが石灰化することで出来るもので、水垢といっても、ときには洗剤や石鹸が原因で出来ることがあります。

よって、今回はクエン酸による水垢対策を詳しく紹介するので、こちらを是非参考にお風呂掃除の悩みをスッキリ解消して頂ければ幸いです。

【スポンサードリンク】

クエン酸について

クエン酸はそもそもレモンや梅干しに含まれている酸っぱい成分で、エナジードリンクやサプリなどでも利用されている要素のひとつです。

しかし、クエン酸は食べるだけでなく、掃除にも効果的で、①除菌、②消臭、③水垢落としの3つの効果が期待できます。

水垢は上記でも説明した通り、水などに含まれるミネラルが大きな原因となっているため、アルカリ性の汚れになっています。

そのために、クエン酸を付けたすことによって中和反応が起きて水垢を落とすことができるというワケなのです。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

クエン酸でどうやって水垢を落とすの?

クエン酸は、ドラッグストア、ホームセンター、スーパー等で販売されているので、お近くのお店にあるかをチェックしておくと良いでしょう。

まず、掃除をする範囲が広い場合は、クエン酸を水に溶かし、霧吹きに入れて混ぜておくと掃除の際に使いやすいのでオススメです

霧吹きに入れる場合は、小さじ一杯のクエン酸に対して約200mlの水を目安に混ぜておいて下さいね。

次にクエン酸の用意ができれば、まずはお風呂の水垢が気になる鏡の方から、使っていきましょう。

手順としては、

①クエン酸を鏡にまんべんなくかける

②クエン酸をかけた鏡の上にラップ等でフタをし、成分を十分染み込ませておく

③半日そのままで放置し、タオルで拭き取ればOK!

となっています。

この要領でお風呂場の壁や洗面器、そして浴槽もクエン酸を使って水垢を落としていきましょう。

クエン酸で掃除する際の注意すべきポイントとは?

クエン酸は、食用にも使われる程人体には安全と思われるかもしれませんが、塩素系の製品と混ざると、化学反応が起きて人体に有害となるガスが発生してしまうため、絶対に他の洗剤などと混ぜて使わないようにして下さい。

そして、お風呂場の大理石、タイル、鉄製の場所にはクエン酸を使わずに掃除しておかないと、サビ付くこともあるので注意しておきましょう。

この2点の注意ポイントを守ることで、お風呂場の水垢だけでなく、キッチンやトイレのような湿気やすい場所に使うことができるので、十分にクエン酸の性質を理解した上で掃除に利用して頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

クエン酸で水垢の悩みを安全にスッキリ解消し、お風呂場をツルツル、ピカピカにしてあげましょう!

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ