コーヒー豆のおいしさと種類は違う?一覧から分かるうまさとは!

コーヒー豆の種類と比較できる一覧

コーヒー豆
コーヒー豆を買うのは種類が多かったり、比較することができずに慣れていない人は迷ってしまうものです。

コーヒー豆の種類をお店に貼ってある一覧などで拝見しても、実際飲んでみなくては分からないような紹介では選ぶのは大変です。

そこでお店では分からないようなコーヒー豆の具体的な特徴や、コク、酸味、苦味を一覧で紹介します。

紹介するコーヒー豆の一覧をご覧になれば、自分に合ったコーヒー豆を選びやすくなると思いますので是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

コーヒー豆の種類について

そもそもコーヒー豆は全世界約60ヵ国で生産されており、その種類は、およそ200種類を超えると言われています。

そこで各栽培地の風土や気候にあった方法で生産されており、それぞれ形や味、芳香などが微妙に変わります。

その中で主流となっているコーヒー豆がエメラルドマウンテン、キリマンジャロ、グァテマラ、コナ、ブラジル、ブルーマウンテン、モカが挙げられます。

【スポンサードリンク】

コーヒー豆の種類一覧

コーヒー豆を種類別に、コク、酸味、苦味を基準に比較しましたので参考にしてみてください。

エメラルドマウンテン

・適度な降雨量と日照量

・朝と夜の寒暖の差が激しい

【スポンサードリンク】

・水はけが良く、栄養価が高い火山灰性の用地

栽培地が以上のとおりになっておりほとんど急斜面であるため、日差しが程良くコントロールされています。

コク、香りが強めです。

キリマンジャロ

栽培地が寒暖の差が激しい海抜1000m以上で、豊富な降水量の高地で栽培されています。

品種はアラビカ種で、コーヒー豆は緑灰色で大粒なのが特徴です。

香りが強く、コク、酸味のバランスが良いものです。

グァテマラ

降雨量が多い火山灰の土壌が栽培地。

水はけが良い山の傾斜地や高原地帯が栽培に利用されています。

酸味、甘み、コクが強めです。

コナ

お火山がつくる豊かな土壌とコーヒー豆の栽培に最適な自然環境を誇るハワイで栽培されています。

酸味、コクが強めです。

ブラジル

ブレンドのベースとして使われる事が多い、ブラジル産のコーヒー豆です。

甘み、コク、香りが強めです。

ブルーマウンテン

栽培地域は、昼夜の温度差が激しく水はけの良い急斜面。

土地柄、機械類が導入できない事や、害虫などに弱い品種のため、栽培や収穫はすべて丁寧な手作業で行われています。

香りが強めで、バランスが取れています。

モカ

もっとも古いコーヒーブランド。

多くの人に支持されるコーヒーで、特に日本国内での人気が高いコーヒー豆です。

エチオピアで栽培されています。

酸味、甘み、コク、香りが強いバランスの取れたものです。

【スポンサードリンク】

以上の一覧で参考になれば良いですが、飲みすぎないよう健康面にも気を遣い適度な量で飲むこともおすすめします。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ