焼き芋の甘みある作り方!レンジとオーブンどっちを使う?

焼き芋は焚火をするわけにもいかず、ほとんどの家庭ではレンジかオーブンで作るという方が多いかと思います。

他にも焼き芋の作り方はトースター、魚焼きグリル、フライパンなどとネットではさまざまな作り方が紹介されているのが特徴です。

しかし、やはり焼き芋は甘さが命なので、一番甘みのある調理法で作りたいですよね。

そんな作り方もさまざまな焼き芋ですが、レンジやオーブンで作る際に一工夫することで美味しく作ることができるので、是非こちらを参考に美味しい焼き芋を作って頂ければと思います。

また、このポイントを抑えておくだけで時間短縮にもなりますよ!

【スポンサードリンク】

焼き芋の美味しい作り方~オーブン編~

まず、オーブンで焼き芋を作る場合、

濡らした新聞紙でさつまいもを包む

②その上にアルミホイルを巻く

③オーブンで40分加熱する

この3つの手順で行えば簡単に美味しい焼き芋を作ることが可能です。

中にはアルミホイルだけでオーブンに入れる方もいますが、新聞紙が無いと表面の水分が奪われて、パサパサの焼き芋になってしまいます。

よって、焼き芋は新聞紙でまず巻くことを忘れないようにしておきましょう。

しかし、オーブンでは焼き芋を作るのに40分もかかるため、それがデメリットになって作るのを避けている方もいるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

焼き芋にはオーブンよりもレンジが最適!?

焼き芋を美味しく短時間で作るには、電子レンジを利用することがおすすめです。

手順としては、

①さつまいもを洗う

②濡れたまま新聞紙で包む

③600Wで3分間加熱する

だけなので、作り方もとても簡単です。

このように電子レンジはオーブンよりも大幅に時間短縮ができるのです。

しかし焼き芋は、10分間じっくり温めない限り、甘くすることができません

よって、電子レンジで作る場合は、600Wで2分間加熱した後に200Wで10分間加熱することをおすすめします。

もちろん焼き芋は大きさがバラバラなので、電子レンジの長さやワット数も調節しながら行いましょう。

このように焼き芋は一工夫を加えるだけで、電子レンジでも簡単に甘い焼き芋を作ることができますよ!

焼き芋はダイエットにも最適だった!?

このように家庭でも簡単に作ることができますが、実は栄養価も高くカロリーも低めなので、ダイエットのおやつにも最適です。

焼き芋に含まれる栄養価は、

・ビタミンE

・ビタミンC

・ビタミンB1

・ビタミンB6

・カリウム

・食物繊維

などさまざまな栄養素が含まれています。

この中でも食物繊維は、お通じを良くしてくれる効果もあるため、便秘の方にもおすすめです。

また、焼き芋は100gあたり160kcalなので、カロリーもさほど高くありません。

そして何より焼き芋は腹持ちも良い食べ物なので、間食を予防してくれる効果も期待できます。

いかがでしたか?

【スポンサードリンク】

焼き芋を電子レンジで作ろうとして失敗したという方も多いかと思いますが、上記のポイントを抑えておくだけで、オーブンよりも甘く美味しい焼き芋を作ることができますよ!

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ