歯周病の症状は初期段階から注意!その痛みを消す方法は?

日本人の約80%が歯周病である可能性が高いと言われていますが、歯周病の症状はご存知でしょうか?

歯周病の症状には、段階があり、初期段階では歯茎が赤く腫れたり、出血などの痛みが症状で起こります。

そんな歯周病の初期段階から放置していると、歯がぐらぐらしてくる上に、が出てくるなどの症状まで進行してしまします。

そのため、歯周病は初期段階のうちに治療を行い、早めに改善することで痛みなどを味わうこともなくなります。

段階が進むと怖い歯周病の症状や痛みについて説明していきますので、歯周病かも?と思う人は是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

歯周病の具体的な症状とは?

皆さんの中には、歯周病の症状がどのようなものなのか知らない人も多いかと思います。

日常の中で歯茎から出血することがあるという人は、歯周病の初期症状が始まっている可能性があります。

歯周病の初期症状である歯茎からの出血は痛みが無いため、歯周病ということに気づきにくいのが特徴です。

そのため、そのまま放置する人も多く、症状が進行することで歯茎に痛みが発生し、膿などが出ます。

歯周病の主な症状は、出血、腫れ、痛み、歯茎が下がるなどの症状が現われてきます。

上記でも述べたように、歯周病の症状には段階があり、進行すると痛みも起こるため、歯茎からの出血が多い人は早めに歯医者に行きましょう。

【スポンサードリンク】

歯周病の初期症状からの段階が知りたい!

歯は、食べ物を食べるために重要なものですが、歯周病になると歯の間に隙間ができたり、歯がぐらぐらすることもあります。

よって、歯周病の初期段階からの症状をご紹介致しますので、歯周病かも…と思っている人は、歯周病の段階がどこまで進んでいるのかチェックしてみましょう。

・歯周病の症状①

初期段階での症状は、上記でも述べたように歯茎からの出血です。

しかし、初期段階では歯茎からの出血が起こっても痛みが無いため、気にしない人が多くなっています。

その他にも歯茎の腫れ、口の中のネバネバなども初期段階の症状で起こります。

・歯周病の症状②

初期段階から放置すると、歯に隙間ができ、食べ物が詰まりやすくなり、歯茎が下がるため、歯が長く見えることもあります。

さらに、口臭もきつくなります。

・歯周病の症状③

最終段階になると歯茎を押すと膿が出るなどの症状があり、痛みもあります。

最悪の場合には、歯が抜けてしまうこともあるため、歯周病の症状には早く気付き、適切な治療を行うことが大切です。


歯周病の痛みを消す方法は?

歯周病は、症状の段階が進行すると痛みが発生し、痛みが強いため歯周病なんて早く解消したいと思う人が多いと思います。

痛みを解消するためには、歯医者で適切な治療を行い、鎮痛剤を処方してもらうのが最適ですが、仕事などでどうしても歯医者に行くことができない場合もあります。

歯周病を改善したいけど忙しい人は?

そんなときの歯周病の痛みを消す方法は、薬局などで購入することのできるロキソニンSを使用することもおすすめです。

その他にも痛みを感じる場所を冷やすことで、痛みを緩和することができますので、水で濡らしたタオルに氷を挟み冷やしてあげると良いでしょう。

このように、歯周病の痛みを消す方法はありますが、早めに治療を行わないと上記の段階のように症状はどんどん進みますので、注意が必要です。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ