レンズ豆の栄養や効能は?ガンに有効って本当?

皆さんは、レンズ豆の栄養や凄い効能をご存知でしょうか?

中には豆類が苦手という人もいますが、レンズ豆は新石器時代から作られており、栄養が豊富と言われています。

レンジ豆には、女性にも嬉しい効能があり、便秘や貧血の予防をすることができます。

その他にもガンにも有効なので、ガン予防としても効果を期待することができ、栄養に食物繊維が豊富なレンズ豆は、特に結腸ガンに効果的です。

そこで今回はレンズ豆の栄養や詳しい効能について解説していきますので、普段の料理にもレンズ豆を使用してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

レンズ豆の栄養や効能について

レンズ豆は被子植物で生産地は西アジアで、日本ではレンズ豆を見かけることはあまりありません。

レンズ豆の栄養には、ビタミンやミネラルなどがバランス良く含まれており、カレーや煮物料理にも最適な食材です。

そんな栄養豊富なレンズ豆の効能は、疲労回復、新陳代謝の向上、健康維持に欠かせないものがたくさんあります。

このような効能の中でも注目を集めているのがガン予防で、抗酸化ビタミンでもあるビタミンEを含んでいるため、活性化酵素を抑える効能もあり、動脈硬化老化にも効果を期待することができるのです。

毎日食生活に注意をしていれば、ガンや健康にも良いのですが、今の時代では食生活が乱れがちの人が多いかと思います。

そのため、栄養豊富なレンズ豆などを食生活に取り入れ、必要な栄養を補う必要があります。

【スポンサードリンク】

レンズ豆はガンに有効なの?

上記でも述べていますが、レンズ豆の栄養の中には食物繊維も含まれているため、結腸ガンにも有効なのです。

バランスの良い食事を毎日摂取していると、ガンの発症率を50パーセント以上も予防することができます。

しかし、仕事の都合などで食生活が乱れることもあるため、使用する食材で栄養バランスを整えることが大切になります。

その中でもたくさんの効能があり、ガンを予防することができるのがレンズ豆です。

レンズ豆の料理レシピ!

レンズ豆の料理を作ろうと思ってもレシピが分からない人もいるかと思いますが、レンズ豆は上記で述べたようにカレーに入れるだけでも美味しくなり、レンズ豆の効能も期待することができます。

そこで、初めての人でも簡単に作ることのできるガン予防レンズ豆レシピをご紹介致しますので、是非参考にしてみて下さい。

・塩豚とレンズ豆の煮物

(材料) 豚バラ肉、レンズ豆、にんにく、にんじん、玉ねぎ、塩、きび砂糖、鶏ガラスープの素

まず塩豚を作るために、塩ときび砂糖を豚肉にすり込みます。

そして、ラップに入れ冷蔵庫に2日寝かせるのがポイントです

レンズ豆は水で洗い、水気を取ったら、にんにくとにんじん、玉ねぎをみじん切りにしましょう。

2日寝かせた豚肉の水気を拭き取り、2cmの厚さに切ります。

厚手の鍋にオリーブオイルをひき、豚肉を焼いたら、にんにく、玉ねぎ、にんじんを加えてしんなりするまで炒めます。

野菜がしんなりしてきたら、レンズ豆を入れて鶏がらスープの素で味付けをし、弱火で煮込んで完成です。

この他にもレンズ豆のレシピはたくさんありますので、自分の食べたい料理を見つけ作ってみるのがおすすめです。

【スポンサードリンク】

健康に良い効能があり、ガン予防にもなるレンズ豆は積極的に食事に取り入れましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ