お盆玉の相場を知っておきたい!ポチ袋も郵便局が由来?

summer_kisei

お盆玉袋って聞いた事がありますか?

郵便局に立ち寄った時にポチ袋が販売されていたので、えっ!もう今頃から販売?と思ってそのポチ袋をよく見たら「お盆玉袋」って書いてあるのですよ。

えっ!いつからこんなのが売られているのかと思いました。

スーパーやコンビニではまだお盆玉袋は見かけてはいませんでしたけど、郵便局で見かけるとは思いませんでした。

お年玉はほとんどの方が知っていますよね、しかし「お盆玉」をご存じの方は少ないと思います。

私もその中の一人ですが、そもそもお盆玉って何?お正月に子供に渡すお年玉と同じ事?相場は?ポチ袋はいつ頃から販売しているの?なんでもお正月は会えないけど夏休みなら会えると言うような事だそうです。

お正月に会えない家族がお盆に集まるのはいいと思いますが、お正月にもお盆にも集まる家族にはお年玉とお盆玉で出費が増えてお父さんの財布が淋しくなりますね。

【スポンサードリンク】

お盆玉の相場はどれくらいなのか

お年玉の相場から考えると

★赤ちゃんから幼稚園児  500円~1000円
★小学生の低学年  1000円~2000円
★小学生の高学年  2000円~4000円
★中学生  5000円
★高校生  10000円

概ねこれが一般的ではないでしょうか。

お年玉を渡しているからお盆玉は少な目になっていることも考えられますが子供たちはそれでは嬉しくないでしょうね。

【スポンサードリンク】

お父さんのボーナスが入ってくると直ぐにこのお盆玉袋を頭に置いて使い道を考えなくてはなりません。

ボーナス払いで購入した物もあるでしょうし、ボーナスが入ってからの買い物もあるでしょう。

旅行を計画されているご家庭もあるでしょう。

100しかしご家庭によっては生活事情もありますし、また逆にお金持ちの家庭でこの金額だとお恥ずかしい事かと思いますのでそこは、お父さんとお母さんで話し合って下さい。

【スポンサードリンク】

ポチ袋の由来は郵便局ってほんと?

お盆玉は山形県の一部の地域では江戸時代からあったそうです、そしてそれが少しずつ全国に広がってきたらしいです。

お盆玉に使うポチ袋の由来は江戸時代  夏になると奉公人に衣類や下駄を渡したお盆小遣いがはじまりで、昭和になって子供にお小遣いをあげる習慣になったそうです。

全国的には知られてはいませんでしたが2014年に郵便局がお盆玉袋を売り出しはじめて、そして企業がお盆玉袋を発売するようになって知名度が少しずつあがって来ました。

その辺は子供達に解りやすく説明をして理解してあげて下さい。

あまり知られてなかったお盆玉袋も郵便局のおかげで今ではイオンやネット販売のアマゾンでも販売されています。

100お盆玉袋の由来が郵便局ってほんとうだったんですね。

今までお年玉だけで済んでいたのに、このお盆玉袋のイベントが定着化すると子供たちは大喜びです。

子供たちもお盆玉でゲームを買ったり友達と遊びに行ったりとそれなりに計画を立てていると思います。

新習慣になりそうですね。

【スポンサードリンク】

お父さんとお母さんには頭の痛い事ですが子供たちの喜ぶ笑顔で我慢してください。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ