夏野菜のレシピの人気者!栽培の種類も分かるかも?

syokuji_vegetarian

カラフルな夏野菜は鮮やかで目を引き、食欲がそそられますよね?

夏はさっぱりした物が欲しくなり、また、手間がかからない食事に偏りがちです。

そうめん、うどん、そば、などで済ませてしまっては、逆に夏の暑さには勝てません。

夏野菜は水分、カリウムを豊富に含んでいるので、夏の体にこもってしまった熱を、クールダウンしてくれる働きがあるんですよ。

そして、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが、夏野菜のいいところでもあります。

夏野菜のレシピなども多く出ていますが、今人気な自家栽培に挑戦してみるのもいいかもですよ。

今は自家栽培の苗もたくさんの種類が出ていて、初心者の方でも簡単に気軽に始められるようになっています。

自分で好きな種類の夏野菜を栽培して、何かレシピを作ってみるもの、夏ならではの楽しみ方かもしれませんね。

そんな種類がたくさんある夏野菜の中でも、人気があり、栽培しやすい3つの野菜をご紹介します。

【スポンサードリンク】

➀人気の夏野菜ランキング1位「ミニトマト」

最も夏野菜人気があるのがミニトマト。

プチサイズで可愛らしく、見ているだけでも楽しめます。

ミニトマトは美白効果のあるリコピンやビタミン、リノール酸、カリウムなどの栄養素を多く含んでいます。

初心者にも育てやすく、たくさん収穫できますよ。

・苗を植える・・・4月末~5月中旬

・苗の選び方・・・茎がまっすぐで太く、厚く、濃い緑色で葉のつやが良いもの

・プランター・・・直径40cmくらいで深めのプランター

・収穫時期・・・6月下旬~9月初旬

・その他・・・肥料と水を絶やさなければ、10月下旬頃まで「秋トマト」が楽しめる

【スポンサードリンク】

➁初心者の夏野菜ランキング2位「きゅうり」

きゅうりはほとんどが水分で出来ています。

そして、ビタミンAとC、カリウムを多く含んでいます。

夏に失われがちな体内の水分を補給してくれる働きがあり、余分が塩分を取り除いてくれる働きもしてくれます。

栽培は簡単なので、初心者の方でも問題ありません。

・苗を植える・・・4月末~5月中旬

・プランター・・・85型サイズ以上のものを選ぶ

・収穫時期・・・6月下旬~10月初旬

・おススメ・・・「夏すずみ」

➂初心者の夏野菜ランキング3位「なす」

なすにはポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでいるので、抗酸化作用や動脈硬化の予防効果があります。

また、目の疲労回復にも効果的と言われています。

体を冷やす作用があるので、夏にはぴったりの夏野菜になっています。

ただ、乾燥に弱いので水はたっぷり与えましょう。

・苗を植える・・・4月中旬~6月上旬

・苗の選び方・・・本葉が7~9枚あり、蕾や花が一番ついている苗

・プランター・・・65cm

・収穫時期・・・6月中旬~10月中旬

・おススメ・・・「千両2号」

その他、作り易く、簡単で人気がある夏野菜は、

・オクラ

・ピーマン

・ゴーヤ

・ミニカボチャ

・枝豆

・大葉

・ズッキーニ

・アスパラガス

・ネギ

などがあります。

【スポンサードリンク】

ご自分で栽培した夏野菜なら料理するのも楽しいでしょうね。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ