緑茶の効果って?むくみ解消はできるのかご紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 6 秒です。

緑茶の効果でむくみを改善できるんです。

日本では緑茶を飲む方が多くいると思います。

そもそも緑茶は「むくみ」に効果があることをご存知ですか?

緑茶には老化防止やストレス解消などの効果もあります。

どのような効果をもってむくみを解消できるのかご紹介したいと思います。

そして緑茶の効果で簡単にむくみを改善できることがわかると思いますので是非参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

緑茶の栄養がむくみ解消に効果あり!

まず緑茶に含まれる成分として、

渋み成分のカテキンや苦み成分のカフェイン

甘みと旨味成分のテアニン

さらにビタミンCやビタミンE、そしてビタミンAといったビタミン類、

カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラル類もたっぷりあります。

そのため、緑茶で様々な健康効果や美容効果を得ることが出来ます。

むくみに必要な効果はなに?

まずその中でむくみには「カフェイン」が必要とされます。

カフェインには、高い利尿効果があります。

それは体内に溜まった老廃物や余分な水分を体外へ排出するためです。

他にもカフェインには腸内環境を整える作用や代謝促進作用などもしています。

ですが、刺激物ですので過度な飲用や胃や腸が弱い方は摂取を控えた方が良いでしょう。

次にむくみの解消はカフェインだけではなく、ミネラルも必要となります。

  • 水分調節を行う「カリウム」
  • 心臓及び筋肉の支配する「カルシウム」
  • 身体の機能を正常に維持する「マグネシウム」

この3つは、むくみを改善させるために必要なミネラルと言われています。

緑茶には、カリウムとマグネシウムの2つがあるので、むくみを解消するのに効果的と言えます。

逆に緑茶を飲みすぎて悪影響があるのかはこちらで紹介しています。

むくみの要因とは

緑茶の栄養素などを紹介してきましたが、今回はむくみの要因も知っておくべきです。

むくみを引き起こす主な要因は次の2つです。

◎不摂生な生活習慣や乱れた食生活、また運動不足などから来る一時的なものです。

◎そして病気によって引き起こされるものです。

一般的なむくみの要因は一時的なむくみの場合が多く、以下の事柄が要因となります。

・長時間同じ姿勢でいる

・塩分の高い食事の摂取

・ 冷えによる血液循環の悪化

・ 運動不足

・ 新陳代謝の低下

・ ミネラル類やビタミン類、タンパク質などの栄養不足によるもの

・ 性別及び年齢

以上のことから生活習慣や食生活を見直し、適度な運動を行うのが理想なのです。

ですが、なかなか実行できないのが皆さん社会人でもあります。

【スポンサーリンク】

緑茶でむくみを改善すべきか

緑茶に入っているカフェインには副交感神経を刺激する作用があります。

その作用は血管を収縮し、血圧を上昇させることが出来ます。

すると、血液の流れをスムーズにさせることができるため、利用効果を促進に繋がります。

しかし、カフェインの作用によって腎臓の血管を強制的に広げているため、かなりの負担を強いている状態となります。

そのため、内臓に多大な負荷を与えてしまう緑茶は陰性食品に分類されます。

そこで、現在販売されているノンカフェインの緑茶を飲用すると冷え性を悪化させる心配が無くなるのでオススメです。

特に冷たく淹れた緑茶よりも温かい緑茶の方が、

代謝の向上や腸内活動の促進に繋がるので、夏でも温かい緑茶を飲むと良いでしょう。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *