巨人症の特徴まとめ!顔や寿命に影響は出るの?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 52 秒です。

人間の体内で分泌されるホルモンは、体内の機能にも関係しており、身体を作るためにも重要です。

そんなホルモンの病気もあり、その中のひとつが巨人症で寿命にも影響があると言われています。

巨人症とは、身体が大きく成長してしまうのが特徴の病気で、100万人に数人が発症する病気と言われています。

巨人症になると中学のときには身長が180cmにもなることもあり、最終的に2メートルもの身長になります。

このような巨人症になると顔に特徴があると言われており、寿命に影響は無いのか疑問に思いますよね。

そこで今回は、巨人症になってしまった人の顔の特徴や寿命について徹底解説していきます。

【スポンサードリンク】

巨人症の特徴とは?

上記でも述べていますが、巨人症の人は同年代の人たちよりも身長が伸びるのが特徴で、巨人症と診断するのは難しいものではありません。

巨人症を小児のときから発症した場合には、成人後も身長が伸びるという特徴もあります。

そのため、身体の成長に関節や内臓がついていくことができず、負担をかける状態になるのです。

巨人症の人が大きくなるのは身長だけではなく、その他にも手足も成長と共に大きくなる特徴があるため、靴や指輪が入りにくくなるケースもあります。

このように巨人症になってしまう原因は、成長ホルモンが関係しており、成長ホルモンが過剰分泌させることで巨人症を発症してしまいます。

脳下垂体からホルモンが分泌されていますが、脳下垂体に腫瘍ができてしまうことによってホルモン分泌のコントロールができなくなり、巨人症などのホルモンの病気を発症します。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

巨人症は顔や寿命に影響はでるの?

巨人症を発症している人の顔にも特徴があり、額部分の骨が発達するため、目の上が付き出るようになるため、顔の掘りが深くなります。

また、鼻も肥大化し、顔の主なパーツが大きくなります。

しかし、成長と共に顔のパーツも肥大していきますので、本人は変化していることに気づきにくいのです

顔のパーツの中でも顎が伸びる人も多く、その他にも顎や唇も肥大が起こるため、噛み合わせが悪くなり、歯並びにも影響することがあります。

さらに健康な人と比べると、巨人症を発症した人の寿命は約10年も短くなると言われています。

死亡リスクが2~3倍も高くなりますので、通常の人よりも寿命が短くなってしまいます。

寿命が短いと言われる巨人症は、病院で適切な治療を行うことが大切です。

巨人症には治療方法はあるの?

身長が伸びるのが巨人症の1番の特徴ですが、寿命も約10年も短くなってしまうため、早めに治療を行うことが最適です。

巨人症はホルモンの過剰分泌が原因ですので、ホルモンの分泌を正常化することで対処することができます。

治療方法としては、脳下垂体に腫瘍がある場合には手術で腫瘍を摘出し、ホルモンを正常化させます。

また、手術が困難なときには放射線治療が行われ、病気の進行状態によっては完治までに時間がかかるケースもありますので、巨人症の可能性がある場合には早めに専門の医師に相談しましょう。

巨人症は顔のパーツも大きくなりますので、顔の特徴が巨人症の人と似ている場合にも病院で診察を受けるのがおすすめです。

何より、巨人症は寿命に関係してきますので、身長が伸び続けて不信感を持っている人はそのまま放置しないようにしましょう。

このように巨人症になってしまっても治療法はありますので、慌てずに治療を行い、寿命を伸ばし、健康な体質になるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *