謙虚の正しい意味!使い方やビジネスでの必要性は?


皆さんは「謙虚」の正しい意味をご存知でしょうか。

謙虚と聞くと大体のイメージをすることができるかと思いますが、正しい意味を理解している人は少なく、間違った使い方をしている可能性もあります。

この謙虚とは国語辞書では、控えめでつつましいことと意味が書かれていますが、大人しくして、相手を持ち上げることが謙虚とは言いません。

そのため謙虚というのは、使い方が難しいと感じることもあります。

またそんな謙虚は、ビジネスでは必要性があるのかなど疑問に思いますよね。

そこで謙虚の正しい意味や使い方ビジネスでの必要性について説明していきますので、参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

謙虚の正しい意味を理解しよう!

上記でも述べているように、謙虚の意味は控えめでつつましいことですが、前に出ないのが謙虚ということではないので難しいものです。

控えめでつつましいことは、言動を遠慮がちにすることを言います。

人は誰もが、自分ことを少しは分かってほしいという気持ちがあるものです。

しかし前に出ないという使い方も謙虚とは違い、表面的なことを指すのではなく、深層心理を意味している言葉と言われています。

謙虚な人になりたいと思うのであれば、謙虚の意味も大切ですが、他の言葉の正しい意味を把握しておくことが謙虚の使い方で重要なポイントです。

ですが日本とは違って、アメリカなどでは自己主張をはっきりとすることが良いとされています。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

謙虚の使い方とは

謙虚は普段の生活の中でも、良く使われることの多い言葉のひとつです。

ですが中には、意味を理解せずに間違った使い方をしてしまっている人もいます。

日本では謙虚であることが美徳と言われており、美徳とは道にかなった美しい行いのことを言います。

そんな謙虚の文面での使い方は

・謙虚な態度を心がける

・彼女はとても謙虚で素敵な人だ

などのように使いますが、謙虚な人とは人から好かれやすいものですが、やり過ぎてしまうと逆効果になってしまうので注意しましょう。

ビジネスなどでも褒められたときに「そんなことはありません」などの使い方をして否定をしてしまうのは、謙虚とは違い横暴な態度となってしまいます。

よって人から褒められた際には、素直にお礼を言うことが最適です。

ビジネスでの必要性はあるの?

ビジネスでは謙虚であることも大切かもしれませんが、中には評価のされない謙虚さもあるのでビジネスでも注意が必要となります。

そのため、ビジネスで間違った使い方をしていると、上司や周りの人に不快感を与えてしまう原因となってしまいます。

どうせ私なんて、という謙虚さではなく、ビジネスでは自分はまだまだ、という上をみて話すことが重要です。

自分の成長に目を向けるためにも、自分の成長を止めてしまうような謙虚さは辞めておきましょう。

【スポンサードリンク】

このように謙虚さとはビジネスでも相手に好感を持ってもらうための手段ですが、ビジネスでやり過ぎた謙虚さは不快感に変わってしまいますので、相手に自分の考えもしっかりと伝えるようにすることがベストです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ