部屋干しの臭いは消せる!洗剤と柔軟剤のコツを知ろう!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 34 秒です。

花粉の時期や梅雨の時期になると、部屋干しをせざるおえない状態になるかと思います。

しかし、部屋干しをすると衣類の臭いが気になることが多いですよね。

洗濯物を部屋干しすると衣類が乾きにくくなるため、生乾きの原因になり、嫌な臭いがしてきます。

生乾きになることによって、衣類などの洗濯物で雑菌が繁殖し、雑菌臭が発生してしまいます。

そんな部屋干しの臭いの対処法は、洗剤と柔軟剤で簡単に解消することができます。

洗剤と柔軟剤のコツを把握するだけで、部屋干しの嫌な臭いを解消する方法をご紹介致しますので、洗濯物の臭いでお悩みの人は是非参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

部屋干しの臭いの原因は何?

上記でも述べていますが、部屋干しは洗濯物が生乾きになってしまうこともあり、雑菌が繁殖することで嫌な臭いの原因に繋がります。

部屋干しの洗濯は分割しよう

部屋干しをするときには、部屋に干す洗濯物の量にも注意が必要です。

1度に洗濯物を終わらせる方が経済的にも良いのですが、乾きにくくなるため、洗濯物に付着した汗などか雑菌が繁殖します。

そのため、部屋干しの臭いの原因となる雑菌を繁殖させないために、こまめに洗濯を行い、洗濯槽の汚れにも注意しておく必要があります。

部屋干しの洗濯に残り湯は良くない

さらにお風呂の残り湯を使用して洗濯している場合にも、部屋干しで臭いが付く原因になりますので控えておきましょう。

このように部屋干しの臭いの原因はさまざまなものが考えられますが、洗剤や柔軟剤で、簡単に部屋干ししたときの臭いを解消することができますので、正しい洗剤や柔軟剤での対処法を把握しておくことがおすすめです。

洗濯する前に少し洗剤や柔軟剤で工夫することで、部屋干しの臭いの対処をすることができますので正しい知識を身に付けておきましょう。

【スポンサーリンク】

部屋干しの臭いを消す洗剤や柔軟剤のコツとは?

部屋干しでの臭いを解消するために、柔軟剤を多く入れる人もいますが、洗剤や柔軟剤は規定量を守って使用するようにしましょう。

部屋干しの際に洗剤や柔軟剤で臭いを消すためには、まず衣類などの汚れを綺麗に落とす必要があります。

部屋干しの洗濯は浸け置きしよう

洗濯機だけで汚れを落とそうと思っても、頑固な汚れは落ちにくいため、部屋干しすると臭いの原因になります。

そのため、洗濯機に入れる前に、洗剤で浸け置きすることがおすすめです。

このように洗剤で浸け置きする際には、ぬるま湯で行うと効果がアップしますので約20分程度浸け置きしましょう。

その後に柔軟剤を使用して洗濯することで、部屋干しでも嫌な臭いを抑えることができます。

部屋干しの洗濯には重曹が有効

また、重曹を洗剤に混ぜて、柔軟剤と一緒に洗濯することでも、部屋干しの臭いの改善になります。

重曹であれば、ダイソーなどで手軽に購入することができ、洗剤の代わりに重層で浸け置きをすると経済的にも優しくなるので最適です。

さらに重曹にはカビとり効果があるため、洗剤と一緒に使用することで、洗濯槽も綺麗にすることができるため、部屋干しをしても雑菌が繁殖しにくくなるため、洗剤と柔軟剤を使用するときに上手く利用すると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *