膀胱炎の症状は女性が多い?血尿や腹痛への対策は?

膀胱炎で血尿などの症状が起こるのは、男性よりも女性の方が多いことをご存知でしょうか?

また、生理でもないのに血尿が出るときには、膀胱炎になっている可能性もあるということになります。

さらに膀胱炎のときに、血尿が起こるのは症状が悪化しているサインですので、早めの対処を行うようにしましょう。

膀胱炎は、細菌が入り込むことによって発生し、膀胱の中で増殖します。

そのため、粘膜が炎症を起こし、腹痛などを痛み感じることがあるのです。

そこで今回は、女性に起こりやすい膀胱炎での血尿や腹痛などについて詳しく説明していきます。

【スポンサードリンク】

女性に起こりやすい膀胱炎の症状とは?

上記でも述べていますが、膀胱炎は最近が入り込むことによって起こり、女性が膀胱炎になる原因はいくつか考えられます。

そんな膀胱炎の患者のほとんどが20=40代の女性で、約4人に1人は膀胱炎になると言われています。

女性は膀胱炎になると、恥ずかしくて我慢をしてしまう人がいますが、そのままにしていると症状が悪化して、血尿などが起こりますので注意が必要です。

膀胱炎になるとトイレが近くなる?

膀胱炎の症状では、血尿、腹痛、残尿感などがあり、トイレに行っても、またすぐにトイレに行きたくなるのが特徴です。

また、膀胱炎になると尿の色にも変化があり、尿の色が白っぽく濁ります。

血尿が起こるのは、症状が悪化しているというサインですので、専門医に相談し、早めの対策をしましょう。

女性の場合は、生理、妊娠、性行為などによって膀胱炎になりやすいため、日頃から膀胱炎の症状には気を付けておくことをおすすめします。

【スポンサードリンク】

血尿があったときの対策は?

膀胱炎での血尿は、尿が赤~黒と見た目で分かりやすい場合と、見た目が分かりにくいものがあります。

膀胱炎は細菌対策をすべき

膀胱の中は、柔らかい粘膜となっていますので、細菌が入り込み炎症を起こすと出血を起こすことがあります。

年齢と共に血尿などの症状が起こりやすくなり、男性よりも女性の方が起こりやすい症状のひとつです。

このような血尿が目で見て分かる場合には、病院に受診し、細菌の増殖を抑える薬をもらうことで対策することができます。

また、膀胱炎の血尿や腹痛などの症状があるときには、膀胱炎の可能性が高いため、恥かしがらずに病院に行くようにしましょう。


膀胱炎での腹痛が辛い時!

女性の場合、月経時には生理痛がありますが、それに似た症状が膀胱炎でも起こることがあると言われています。

しかし、膀胱炎の腹痛の場合は、排尿後に腹痛が起こり、違和感があるように思います。

腹痛も起こる膀胱炎ですが、腹痛だけではなく、陰部がヒリヒリと痛むこともあります。

そのまま、我慢してしまうと血尿などの症状が起こる可能性が高くなります。

膀胱炎にどういう対策をしていくべき?

膀胱炎の腹痛は下腹部の痛みにですが、尿の量や色で膀胱炎かどうかを判断することができますので、膀胱炎と気付いたときには早め病院に行くことがおすすめです。

また、女性は長時間トイレを我慢してしまう傾向がありますので、膀胱炎にならないようにするためには、日頃からトイレを我慢しないようにしましょう。

さらに女性は、尿道が約4cm前後で、男性とくらべても短く、細菌が逆行しやすく、膀胱に入り込むことがあります。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ